こんにちは、税理士法人 入江会計事務所の池田です。


相続を考えるにあたり生命保険は頻出の論点かと思いますが、
保険の契約を確認すると、生命保険の受取人が「相続人」と定めている場合があります。

この場合の生命保険は誰がどういう割合で受け取るのでしょうか。

その場合には、各相続人が法定相続分に応じて生命保険金を受け取ることとなります。

ただし、生命保険の約款などで、平等に均等に配分する旨などが規定されている場合には、約款の規定に従うこととなります。
この場合は法定相続分でなく、相続人の数で割った金額を平等に受け取ることになります。

一概には言えないですが、後々のトラブルを回避するためには
しっかりと保険の受取人を記載しておくほうが良いです。

生命保険の受取人に、相続人以外の人がなっているケースがでてくると
さらにトラブルのもととなるケースもあります。

生命保険の受取人にはお気をつけください。