年金について

テーマ:


金融庁の報告書で、公的年金の受給があったとしても、老後の生活で2,000万円の貯蓄が必要であると公表されました

この公表により、世間では大きな波紋が広がり、ニュース等でもよく見かけました

現在では、誤解を招く表現であり、表現において不適切だったの説明がされておりますが、老後の生活において

不安を持っていない人の方が少ないのではないかと思いました

厚生年金に加入されている方は、国民年金に加え、厚生年金を将来受取る事が出来ます

個人事業主の方は、厚生年金に加入する事が出来ず、受取る年金は国民年金のみとなります

厚生年金の代替案として、小規模企業共済や国民年金基金・個人型確定拠出年金がございます

それぞれ商品の内容は違ってきますが、毎年の掛け金が所得から控除されますので、

将来への積立以外にも、効果を発揮します

いずれの商品も少額から始める事が出来るので、将来への積み立てを考えられている方は、一度ご参考に頂ければと存じ上げます