『成人年齢の引き下げ』

テーマ:

こんにちは、
税理士法人 入江会計事務所の鵜久森です。

民法の改正により
成人年齢が
20歳から18歳に
引き下げられました。



成人年齢が18歳に
引き下げられたことにより
税制に影響するものとして、
以下のものがあります。

【相続税】
・未成年者控除

【贈与税】
・相続時精算課税制度
・直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税の税率の特例
・非上場株式にかかる贈与税の納税猶予

これらの改正は、
令和4年4月1日以後の
相続・贈与があったとき
から適用されます。

贈与に関するものは、
適用範囲が広がるものですので、
再度、検討することが必要となります。