特別寄与料

テーマ:

税理士法人 入江会計事務所 巽です

相続において、特別寄与料の制度が平成31年7月1日に施行されます

特別寄与料の制度は、被相続人の生前に無償の介護や、労務の提供を行った場合に、

相続人以外の親族であっても、寄与料を請求できる様になりました

よくドラマ等で見かける、生前いっぱい介護をしたのに…というものですね

メリットとしては、被相続人の介護をしてもらったから、財産を分けてあげたいという気持ちをくみ取った分割が出来る事

かと思います

なかなか貢献度という面で金額を算出しにくいという点と、他の相続人との相続トラブルが起きる可能性がある事がデメリットかとも思いました

税金面では、特別寄与料は相続税となります

また、事由が生じたことから10ヶ月以内の申告が必要であり、通常と異なる点は2割加算の制度が適用される事となります

民法・税法でもまだまだ奥が深そうです、もっと研究を続けていきたいと思います