こんにちは、税理士法人 入江会計事務所の池田です。

今年は、大雨、地震、台風など自然災害が発生し、
その都度損害保険金などの言葉がニュースで取り扱われていました。

そんな損害保険金ですが、相続税の申告の際に加味する必要が出てくるケースもあります。
 
具体的には、
損害保険の契約に際して、解約返戻金がある場合には、
相続により得た財産として、相続財産の対象となります。

相続財産の対象となる評価額は、
相続発生日時点に解約した場合の返戻金相当額となりますので
契約している保険会社に照会を行うことで確認する必要があります。

相続発生の際に漏れやすい財産となりますので、
損害保険の契約者が誰になっているのか、事前に確認しておくほうがいいかもしれません。