『相続税額の2割加算』

テーマ:
こんにちは、税理士法人 入江会計事務所の池田です。

相続税額の2割加算という言葉はご存知でしょうか。

相続税法では、
被相続人と関係の深い『配偶者』や『被相続人の一親等の血族』以外の人が財産を受け取り、
相続税を納める必要があるときは、その相続税額が2割加算されるという制度です。

例えば、二親等であるお孫さんを養子に入れる場合、
血縁関係のない内縁の妻に財産を残す場合

などが該当します。


制度の背景としては、

上記の例で言えば

・親を飛ばして孫が相続することで、1回相続税を免れることができる

・相続人以外の人が財産を取得するのは偶発性が高い

などの理由から2割加算となります。

ただ、2割加算でも孫に財産を移したほうがトータルの相続税が少なくなるようなケースもありますので、
事前にシミュレーションすることが必要です。

1回の相続だけではなく、2回目の相続など、
長い目で判断する必要があると改めて思いました。