税理士法人 入江会計事務所 巽です

相続税・贈与税の一体課税が話題となっております

課税方式の見直しの議論が行われており、暦年課税制度や相続時精算課税制度の変更の

可能性がございます

暦年課税制度では、現状では、毎年の贈与は110万円まで非課税、相続時には、

亡くなった日から、3年間を遡り、贈与分を相続財産に加算をして、相続申告を行う事となっております

諸外国の例を参考にしつつ変更を行っていくとの事であり、諸外国では、

3年という期間が、7年や、10年、それよりも長い期間で計算されているとの事です

まだ、具体的なことは決まっておりませんが、税制が大きく変わる可能性がございますので、

注意深く情報を追っていきたいと思います