弁護士 遺産相続 解決弁護士 の ブログ 杉並 武蔵野市 中野区

杉並区にある弁護士事務所の塩澤法律事務所が運営している、オフィシャル遺言相続ブログです。
遺言 相続 遺産分割 法律相談無料 で行っております。



◆遺産 相続 弁護士 相談 サイト 杉並区◆

    http://www.as-law.jp/

塩澤法律事務所 の遺産相続ブログです

このブログでは、法律にかかわることだけではなく、

日頃の出来事から、プライベートな事など、書いていきます。
遺産 相続 無料相談 弁護士事務所 をお探しの方は当事務所までお越しください。


◆ 顧問弁護士 専門サイトオープン ◆

弁護士 顧問弁護士 東京都

http://komon.as-law.jp/

テーマ:

配偶者に先立たれ、子供(B,C,D)が3人いるAさんが、同居し、一緒に事業を行ってきたBさんに不動産を相続させたい、として、

 

Bに不動産を相続させる、という遺言が残っていた場合、Bが存命であれば問題ない。

 

では、Bが亡くなっていて、Bの一人息子Eがいる場合、その遺言書の効力はどうなるであろうか。

 

この場合、Bがいない以上、「Bに不動産を相続させる」という文言は効力をなくし、C,D,Eが1/3ずつ相続することになる。

 

したがって、Bの配偶者に日々世話になっていたり、Eも事業を手伝っていたりして、AさんがEに不動産を残したい場合、「自分より先にBが亡くなった場合は、Eに相続させる」という、文言も遺言書に書いておく必要があるのである(予備的遺言)。

 

なお、「Bに不動産を相続させる。そして、Bが亡くなった場合は、その不動産はEに相続させる。」という遺言を残したとしても、基本的に、Bは、その文言には縛られず、自分が不動産を相続したあと、その不動産を自由に処分できると解されます(跡継ぎ遺贈の問題)。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。