2014-08-05 09:32:17

小規模宅地の特例~特定居住用宅地等 Part.2

テーマ:ブログ

二世帯住宅等の場合、相続開始後に空室となった被相続人の居住部分を貸し付ける場合もあると思います。


平成26年1月1日以後の相続において、申告期限前に被相続人が住んでいた部分を貸し付けしても小規模宅地の特例が受けられることになりました。


今まで、生計別の親族が小規模宅地の特例を受けるには申告期限まで被相続人が居住していた部分に親族が居住することが要件とされていたが、平成25年改正において、平成26年1月1日以後の相続では、申告期限前に被相続人が居住していたところを貸し付けしても、被相続人が住んでいた1棟の建物が区分所有建物(マンションのこと)でなければ小規模宅地の特例を受けられることになりました。


*区分所有建物であるマンション等の場合、1棟のマンションで隣同士に住んでいたとしても小規模宅地の特例は受けることが出来ません。


土地の評価において小規模宅地の特例が受けられるか受けられないかにより相続税がかなり変わってきます。


いつでもご相談を受け付けております。


お気軽にご相談下さい。


大阪の相続税なら相続税専門センターへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

相続税理士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。