秋田の相続は秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。

 

(当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

今日のお話しは、居酒屋の会計が合わなかった話し です。

 

 

 

魔法のボタン

 ↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
 

 

 

ちょっと前に

 

とある個人で経営されていらっしゃると思われる居酒屋さんにおじゃましました

 

 

 

 

グーグルマップのクチコミで

 

評価4以上を付けているお店で

 

クチコミでも美味しいという意見が多かったので

 

はじめてお邪魔してみました

 

 

 

 

店内はジャズが流れ落ち着いた雰囲気

 

まだ早い時間なのに

 

もうお客さんが3組ほどいらっしゃいました

 

 

 

 

その後

 

予約のお客さんを含め

 

店内はほぼ満席になりました

 

 

 

 

さて

 

わたしはほとんどお酒を飲めないので

 

ウーロン茶にお食事をいただきました

 

 

 

 

頼んだのは

 

ひらめのカルパッチョ

 

牛もつ鍋

 

あんかけ大根

 

コロッケ

 

カレー

 

など

 

料理はどれも美味しかったです

 

 

 

 

さて

 

お店を出ようとして会計を頼んだところ

 

よくスナックなどで渡される手書きの青い領収書

 

(頼んだ料理の名前などは書いておらず金額だけが書いてあるやつ)

 

を渡されました

 

 

 

 

そのとき

 

一瞬

 

おや?

 

っと思ったのですが

 

請求された金額を支払ってお店をあとにしました

 

 

 

 

帰宅後

 

なんだかやっぱり気になって

 

頼んだ料理の値段から金額を計算し直してみると

 

金額が合いません

 

 

 

 

お店に電話して

 

お通しの金額

 

各料理の金額などを再度確認

 

それでもやっぱり金額が合いません

 

 

 

 

そうこうしているうちに

 

電話で対応していた女性が

 

ウーロン茶の仕入れ値が先月から値上げしていたことを従業員に伝えるのを忘れていました

 

といいだしました

 

 

 

え?従業員に伝えるのを忘れていたってどういうこと?

 

メニューを書き直すのを忘れていたということ?

 

 

 

 

いずれにしろそれでも金額が合わないので

 

まだ合わないんですけど

 

と伝えました

 

 

 

 

すると

 

その女性はこう続けたのです

 

あとはうちは端数とかは切り上げさせてもらってるんで

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

確かに

 

メニューには

 

通常の定価のメニューの他に

 

(自分で選ぶ魚の料理について)

 

魚は時価です

 

なんては書いてはあったけど

 

端数切り上げなんてどこにも書いていませんでした

 

 

 

 

皆さんはどのようにお感じですか?

 

居酒屋さんの会計はこんな感じなんだよ

 

と思われますか?

 

 

 

 

何万円とか何千円とかではなく

 

たかだか

 

何百円

 

くらいの話しです

 

 

 

しかし

 

わたしの感覚には合いません

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

 

ご相談はお気軽にコーヒー

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

司法書士荻原正樹

秋田市東通五丁目12番17号1A

☎018-827-5280☎