秋田の相続は秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。

 

(当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

今日のお話しは、代理権(代表権)消滅と登記申請(司法書士試験の勉強と実務)です。

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ←ボタンですよ~(^^♪

クリック(タップ)で応援お願いいたします天使

 

 

 

 

司法書士がお客様からご依頼を受けて業務を行う場合

 

通常民法の「委任」という契約を締結することになりますキョロキョロ

 

 

 

 

これに関連して不動産登記法第17条は

 

代理権不消滅の規定を定めています目

 

 

 

 

(代理権の不消滅)
第十七条 登記の申請をする者の委任による代理人の権限は、次に掲げる事由によっては、消滅しない。
一 本人の死亡
二 本人である法人の合併による消滅
三 本人である受託者の信託に関する任務の終了
四 法定代理人の死亡又はその代理権の消滅若しくは変更

 

 

 

 

さて

 

先日ある金融機関を抵当権者とする

 

抵当権の抹消登記を申請しました音譜

 

 

 

 

委任状をいただいた金融機関の代理人さんは

 

解任されていて現在代理権は消滅していますが

 

その代理人さんの代理権が消滅したことは

 

最新の登記からも確認できます口笛

 

 

 

 

そのため

 

特に特別な添付書類を添付せずに

 

申請書には

 

当該代理人の代理権が消滅している旨及び代理権を有していた期間

 

を記載したうえで申請して

 

登記が完了しましたOK

 

 

 

 

司法書士試験の受験生の皆さんも

 

この条文は良く勉強されていると思いますメモ

 

 

 

 

では

 

それを実務で使うときには添付書類や申請書がどのようになるのか

 

一度調べてみたりすると

 

より理解が深くなると思いますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています天使

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ご相談はお気軽にコーヒー

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

司法書士荻原正樹

秋田市東通五丁目12ー17-1A

☎018-827-5280☎