秋田の相続は秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。

 

(当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

今日のお話しは、相続における改製原戸籍と再製戸籍です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ←ボタンですよ~(^^♪

クリック(タップ)していただくと順位があがります爆笑

応援よろしくお願いしますお願い

 

 

 

 

法務局に

 

相続登記

 

を申請する場合や

 

法定相続情報一覧図の写しの交付申出

 

をする場合

 

被相続人の出生から死亡までの戸籍を添付書類として提出します本

 

 

 

 

この際

 

改製原戸籍

 

という戸籍も提出します目

 

 

 

 

この改製原戸籍というのは

 

法律によって戸籍の様式が変更されたことを原因として

 

戸籍が新しくされた場合のその前の戸籍

 

と考えていただいていいですうーん

 

 

 

 

つまり

 

この場合

 

改製原戸籍

 

 

その後の戸籍

 

があることになります三毛猫

 

 

 

 

これに対して

 

戸籍の再製

 

という場合があります

 

 

 

 

これにはいくつか種類があり

 

滅失又は滅失のおそれがある場合

 

申出による場合

 

後見・補佐の登記の通知による場合

 

などのときに行われますキョロキョロ

 

 

 

 

たとえば

 

戸籍が滅失のおそれがあるときに

 

これを新しい用紙に移し替えたとき

 

戸籍が再製された

 

と言いますメモ

 

 

 

 

戸籍の再製においては

 

改製原戸籍再製

 

という場合もあることになります目

 

 

 

 

戸籍が再製された場合

 

再製前の戸籍と

 

再製後の戸籍は

 

同一性が認められますので

 

再製前の戸籍

 

 

再製後の戸籍

 

は別々に請求することはできない

 

ことになります滝汗

 

 

 

 

この点で改製の場合と異なりますニコニコ

 

 

 

 

相続手続においては

 

まずはこの戸籍集めが大きな作業になりますねこクッキー

 

 

 

 

とくに転籍が多かったり

 

相続人の数が多いときには

 

本当に苦労しますあせる

 

 

 

 

ちょっと見てみたけれども分からないな

 

というときには遠慮なくご相談ください爆笑

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています天使

ぜひともクリック(タップ)で応援お願いたしますお願い

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ご相談はお気軽にどうぞコーヒー

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

司法書士荻原正樹

秋田市東通五丁目12ー17-1A

☎018-827-5280☎