最後は、96ページ以降、SEC3の「裁判所」からSEC5「財政」までを学習しましょう。

 

1.裁判所

裁判所の条文は、憲法76条~82条までです。条文知識では、①裁判所の組織、②裁判官の身分保障、③違憲審査を中心に押さえていくことになりますが、裁判所の項目では、判例知識を問う出題も多いので、いくつかの判例を覚えることも必要とされます。

(1) 法律上の争訟

まずは判例知識から整理していきましょう。

裁判所は法律上の争訟に該当するものを裁判するところですから、法律上の争訟に該当しないものは審査できません。

たとえば、法律を適用して終局的な解決が図れないことを理由に法律上の争訟にあたらないから審査しないとしてのが板まんだら事件です。

また、司法権の限界については、法律上の争訟には該当するけれども何らかの理由から司法審査を行わないものという前提を作り、衆議院の解散を高度に政治性があることを理由に審査をしないとする苫米地事件、単なる内部の問題だからという部分社会の法理を理由に審査しないとする富山大学事件における単位認定、村会議員事件における出席停止処分などを確認しておきましょう。

たとえば、苫米地事件では、「衆議院の解散は、法律上の争訟に該当しないから、司法審査の対象としない」という問題文に対して「誤り」と評価できるようになることを目標としましょう。審査しないという結論は正しくても、その理由が間違えているからです。これは98ページの例題を参考にしてみてください。

 

(2) 裁判所の組織

次に、裁判所の組織についての条文知識の確認です。

76条2項の条文で特別裁判所の設置の禁止、行政機関による終審裁判の禁止、77条1項の条文で規則制定権、82条の条文で対審と判決の公開の知識を確認しておきましょう。

また、99ページのまとめの表を使って、裁判官についての条文知識の確認です。特に、最高裁判所の裁判官と下級裁判所の裁判官に分けて覚えていくことが必要です。①誰が任命するか、②報酬はあるか、③任期はあるか、④定年はあるか、⑤どんなときに罷免されるかに分けて押さえていきましょう。対象条文は、79条、80条です。

なお、憲法自体に明文の規定はありませんが、裁判官の定年年齢は、裁判所法によって、最高裁判所の裁判官は70歳、簡易裁判所の裁判官は70歳、地方裁判所・家庭裁判所・高等裁判所の裁判官は65歳と定められています。

 

(3) 違憲審査

最後に、違憲審査についてです。

付随的違憲審査制と抽象的違憲審査制に分けて、日本はどちらの制度を採用しているかを確認し、条約に対する違憲審査の可否、下級裁判所による違憲審査の可否も押さえておきましょう。対象条文は、81条です。

 

2.天皇

CH3「統治」では、国会、内閣、裁判所が中心テーマですが、天皇や財政も条文知識を中心にチェックしておきましょう。

直近では、天皇が平成30年、財政は平成29年に出題があります。

まずは天皇についてです。

天皇の条文は1条~8条です。

天皇は非政治的な存在であることを理解の前提とし、1条~8条までの条文知識を確認しましょう。

特に、6条と7条に関しては、天皇が何を行うのかについて正確に押さえておきましょう。平成30年の本試験でも「恩赦の決定が内閣、天皇はその認証」という7条6号関連の知識から正解に到達できる問題も出題されていました。このようなひっかけタイプの出題は103ページ側注を参考にしてください。

ここでは、「天皇が恩赦の決定をする」とか「天皇が国務大臣を任命する」といった問題文に対して「誤り」と評価できるようになることを目標としましょう。

 

3.財政

天皇の条文知識を確認したら、最後は財政についてです。

財政の条文は83条~91条です。

財政では、財政民主主義の観点から国会の議決が要求されていることが多いことを理解の前提に、条文知識を確認しましょう。

特に、84条に関しては、旭川市国民健康保険条例事件と合わせて租税法律主義について確認しておきましょう。「国民健康保険料を徴収するときに84条の規定が直接適用される」という問題文に対して「誤り」と評価できるようになることや、「国民健康保険税を徴収するときに84条の規定が適用される」という問題文に対して「正しい」と評価できるようになることを目標としましょう。これは、国民健康保険は、地方公共団体によって保険税として徴収するのか保険料として徴収するのかが異なりますので、それによって84条の適用の仕方も違うのです。105ページの板書を使って、パターン分けしながら覚えておきましょう。

 

4.復習

「みんなが欲しかった!行政書士の問題集」の問題019~023

107ページまで読み終わったら、実際に問題集を使って、上記の問題を解いてみましょう。

 

教科書リンクページ

問題019

肢1:96ページ

肢2:97ページ

肢3:97ページ

肢4:97ページ側注

肢5:97ページ

問題020

肢1:99ページ

肢2:99ページ

肢3:99ページ

肢4:99ページ

肢5:99ページ

問題021(多肢選択式)

100ページ

問題022

肢ア:105ページ

肢イ:105ページ

肢ウ:105ページ

肢エ:105ページ

問題023

肢1:106ページ

肢2:106ページ

肢3:106ページ

肢4:103ページ

肢5:107ページ