疲れない鉛筆の持ち方。

書きやすい鉛筆の持ち方

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』-NEC_4907.jpg


人差し指だけで鉛筆を動かすイメージ。


これはとにかく
うまく力が抜けやすい。




そして、

よくないとされるのが、

人差し指が、このように、三角形をつくっちまう持ち方。


書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』-NEC_4904.jpg


この持ち方でも、

実は、鍛錬すれば、
力は抜けるし、楽に書ける。

ちなみに僕は、
最初の持ち方もするし
この持ち方をする時もある。

お子さんにオススメなのはやはり最初の持ち方ですね。




最近の子供に多いのが以下の持ち方

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』-NEC_4905.jpg


この持ち方で書くと、
確かに疲れる。

できれば避けたいかな。





双雲@どんなスポーツでも、色んなフォームがあるように、絶対正しいフォームというのはないけれど、まぁ王道の持ち方はマスターしておいた方が得策かとp(^_^)q


あえてこんな持ち方でもチャレンジしてみようか(笑)

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』-NEC_4906.jpg