~1日の限界~ | メンズエステ好きの全く役に立たない話

メンズエステ好きの全く役に立たない話

私がメンズエステへ行って考えた&体験した事を語らせて頂きます。
※お店選びには全く参考にならない事をご了承下さい。


テーマ:

私がどちらかと言えば「人(セラピストさん)につくタイプ」の人間だという事は度々話題にしていたかと思われます。

でも流石に「あ、流石にこれはしんどい」と思ってしまった話を…

以前何度か担当して頂き気に入ったセラピストさんがいたのですが、出勤時間が夜の遅い時間にシフトしてしまわれました。

山手線の内側の所にあるとは言え、恐らく施術が終わり最寄駅まで辿り着く頃には終電も行ってしまった後になってしまうでしょう。

でもあのセラピストさんにもう一度逢いたい。

そう思った私は意を決して、翌日が月曜の祝日な日を狙って遅い時間に予約を入れました。

万が一タクシーが捕まらない可能性も考えて、歩いて帰るルートや、途中に24時間営業の漫喫がないか探したりもしました。

果たして件のセラピストさんとも再会を果たし、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

…私自身が朝型の生活スタイルなのと、遅い時間だったので途中で寝てしまわないか心配でしたが、どうにか起きつづけていられる事が出来ました。

後ろ髪引かれる思いでセラピストさんと別れ、マンションから出てすぐ位の所で、運よくタクシーを捕まえる事が出来、午前様の時間にはなりましたがどうにかこうにか家路につく事ができました。

…翌日朝(昼近くになりましたが)起きるのが本気で辛かったです。

あのセラピストさんにつくのはまた日中の時間帯にシフトが移ってからにしよう…

そう思ってたのですが、未だに夜のシフトにおられるので再会できておりません。

あまり深夜遅いのは私の「一日の限界」を超えてしまうな、と痛感させられましたよ。

久留須 宗山さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ