食器洗浄機

テーマ:

アメリカに来て驚いた(と言うレベルなのか?)のは、食器洗浄乾燥機がどこにでもさらっと標準装備されてること。

まぁ、すべての台所を知ってるわけやないから、どこにでもってのは言い過ぎにしても、そんな印象を受ける。

 

ホストファミリーの家はもちろん、うちが住んだアパート(2つ)にもフルサイズが装備されてた。

そして今の家も、前の住人が使った食器洗浄機がそのまま据え置かれてあり、うちらもそのまま使ってますニコニコ

日本人的には当初使用に軽い抵抗感があった、とは申し上げておこか。

でも今ではすっかりうちのマブダチですチュー

最新型では無いにしても、きちんと仕事してくれるしね。

 

以前はたまにしか使わんかったんよ。

なのでセールになってた上等な食器洗浄機用洗剤を買ってあったの。

義父母が滞在する間なんて、本当に大活躍してくれたわ。

その上等な洗剤は値段が良いだけあって、ガラス類がピッカピカになる。水垢すら残ってへん。

ワイングラスなんぞは本当に手洗いより安全で綺麗になるわ〜。

 

で、近頃は毎日に近い頻度で使ってるの爆  笑

タイミングとしては、子供たちが下校してランチに使ったタッパーやらを回収した瞬間にスイッチ・オンよ。

そして夕食前までには昨夜からの食器が綺麗に洗い上がるっちゅーわけで。

 

そう、1日1回、食器を溜めるだけ溜めてから洗ってもらってるざます。

できたてホヤホヤは食器類が熱くなってるから、注意が必要ざます。

 

そんな“手抜き家事”をしている専業主婦に、な〜んとなく軽い不満がある夫。

使った食器はすぐに洗いたいらしい。

そして夫の良いとこは、妻に命じず自らさっさと食器を洗い始めるというこれまた自動食洗機爆  笑

 

がっ。

 

うちはこのフランス製自動食洗機は気に入りませんプンプン

 

水を出しっぱなしにするねん。中弱流にしているとはいえ、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄っ。

そしてあらゆる効率が悪すぎる。

夫婦喧嘩の元にもなった(暇な人は過去記事をどうぞ♡)。

さらに、洗ったものを置く水切りの水受けがびちゃびちゃに溢れる。

(うちは最近、二槽式シンクの空いた方に一旦入れて水を落とす、という細かい技を導入。)

 

なので、このフランス製食洗機はできるだけ起動しないように先手を打つ日々…ニヤニヤ

 

一応使う予定のお皿やフォーク類を考え、場合によってはちゃんと手仕事でちゃっちゃと美しく仕上げてます。

でも食洗機のパワフルな仕事っぷりを見たら、できるだけ詰め込みたくなるで。

空きがあれば、ガスコンロの五徳とかゴミ受け皿(て言うんか?バーナーの周囲に敷かれてる薄い物)も放り込んでやっつけてもらってます。

 

たま〜に日本のコンパクト食洗機が懐かしくなるんは、少ない量が出た時やね。

毎回こまめに洗えるやん。

あ、これって、洗濯機と同じやな。

こっちの洗濯機は巨大かつパワフルなんで、ある程度洗濯物を溜めてからでないともったいないのよ。

娘の水泳後だけは、少量の衣類とバスタオルと水着を洗うっちゅー非効率なことしてるけどね。

 

さて、今日の昼はお素麺食べたんで、大きなザルも食洗機に放り込んでおくし。

ザルはすすぎに気を使うから、食洗機なら心安らか。

なんにせよ、食器洗浄機とパワフル洗濯&乾燥機が標準装備とされるアメリカは…ダラダラできますニヤニヤあかんやん

 

必要な時はむっちゃ効率良くテキパキ動く(←本人申告)おかん応援クリック

↓ ↓ ↓

人気ブログランキング 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村