【セミナーレポート】消費税増税経過措置対策セミナー | コンサルティング日記

【セミナーレポート】消費税増税経過措置対策セミナー

去る9月5日に小田原箱根商工会議所にて、
消費税増税経過措置対策セミナーを開催しました。
$コンサルティング日記

現在、中小企業が取引先に対して消費税分を適正に転嫁するにはどうすれば良いか、
がメインテーマの「消費税転嫁対策」のセミナーが盛況です。

本セミナーは消費税アップ後でも、
経過措置により旧税率を適用しなければならないケースについて
具体的に解説いたしました。

例えば、請負契約の場合、
引渡日は10%税率が適用される2015年10月以降であっても
契約日に応じて、5%、8%、10%の3種類の税率で計算しなければなりません。
当然、販売管理システムや会計システムも「契約日」を認識して
税額計算する機能が必要となります。
その対応が適正になされていな場合、誤った税額計算をすることになります。

$コンサルティング日記

セミナーにご参加いただいた皆様も
この経過措置を意外とご存じない方が多くいらっしゃいました。

セミナーの後半では
同じく2014年4月にサポート切れとなるWindows XPや
MS Officeへの対応も解説いたしました。

2014年4月に消費税は5%から8%に、
2015年10月に消費税は8%から10%に改正されるスケジュールとなっています。
最終結論は10月初旬に安部総理が決断されることとなりますが、
東京へのオリンピック招致も決まり、
経済への追い風も吹き始めたようですので、
予定通り消費税アップが行われるのが濃厚と見られています。
いよいよ秒読み開始と言う状況ですね。