悩ましい ご近所さん③ | 南アフリカから、マレーシアへ

南アフリカから、マレーシアへ

御訪問ありがとうございます☆
2010年5月〜2016年3月 南アフリカ共和国。
2018年〜マレーシアで暮らしています。
南アフリカ生まれの娘と、日本生まれの息子との生活を綴ります♬

3月のロックダウン当初から、

現在進行形で悩まされている 

ご近所さんのS家



こちらの続き注意
下差し


こちらは補足記事
下差し


そろそろ自分の中で消化したいので、

ブログに綴ってみようと思います拍手


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



S家ママの、止まる事のない

マシンガントーク唇唇





S家の長女ちゃんが、

Homeschoolingになった経緯を

話し始めまして。






前に住んでいた国では、長女ちゃんは

インターナショナルスクールに

数年通っていたけど、辞めたらしく。






その理由はね…






彼女ね…







お勉強が出来すぎる
んだって。







学校の先生が教える事は、

既に全て知ってたんだって。







その時、長女ちゃんは6歳だったらしいよ。






それならば、無駄な学費を払わずに

Homeschoolingにする事にしたらしく。






ついでに弟君も、Homeschoolingにしたらしい。







そ、そうか。うん。拍手





それぞれ家庭の方針があるしね。





私、他の家庭の事に

全く興味がなくて真顔






ここで、彼女の話を聞く事に限界を

感じまして、そそくさと退散ランニング







1時間以上、良く頑張ったな〜乙女のトキメキ







さて、その後も引き続き

毎日毎日遊ぶ、両家の子供達。






でもね、だんだんとね、、

我が娘(チビかじ)おとめ座が悩む時間が

増えてくるのです…






S家の長女ちゃん、

我が娘(チビかじ)おとめ座の学校や友達に

興味があるようで。






遊ぶたびに、

『チビかじおとめ座は、学校楽しいの?』

『チビかじおとめ座は、お友達いるの?』

と聞いてくるようになりまして。





最初は『うんっおとめ座』って答えていた

我が娘。





何度も同じ事を聞かれるので、

だんだんと返答に困るようになります。







そしてね、さらにS家長女ちゃんの

マイペースっぷりも進み。

(いや、単なるワガママと言うのかなバイバイ)






結果…、8歳の我が娘おとめ座

人生で初めて 友達(S家長女)に

泣かされるという出来事が

起きてしまいます。






あー今思い出しても、何ともイラっとする。




続きまーすお願い

下差し





人気ブログランキング