事業計画の策定

テーマ:

事業計画の策定

買収のための金融機関の目処は何とか立った。

しかし、問題は大林の業績だった。何しろ、7期連続の赤字決算。その上、決算を担当してきた東京の鵜の木公認会計士事務所が、あろうことか毎年1億以上の粉飾決算を数年間も続けていたのだ。クーポン回収で3000万以上、関連会社の未回収金を8000万。毎年こんなずさんな決算報告で、お咎めなしを続けてきた税務署とは、いかにいい加減なところか良くわかる。つまりは、公認という名前で書類を右から左に回しているからだろう。中身を検証すらしていないのは明らかだった。

しかし、この重要な時に、「実は粉飾でした」とバカ正直に提出すれば、今回の融資は間違いなく流れる。それどころか、今後の運営にも支障がでるだろう。如何に正義感が強い私でも、この虫唾が走る事実を、今回はグッと飲み込むしかなかった。



毎年売上を下げ続けてきた大林を、この景気状況の中で、突然V字回復させることはマジックでも不可能だった。それは、たとえ金融機関でも解っているだろう。そうであれば、無効3年間は売上を大幅にアップさせるような計画は跳ねられることは間違いない。

第一、どこを探してもそんな要素は見つからない。その上、売上に結びつくポイントは、すでに着手していた。もし、この効果が出なかった場合、売上計画は相当に厳しくなる。私は、誰もいなくなった事務所の一番奥の自席で、暫くパソコンの画面をじっと見つめながら、グループの営業体制を頭の中で画きながら、各営業マンに数字をあてはめていった。

このホテルグループの、この街の観光業の将来が掛かっている・・・・。もし、失敗したら・・・。

つい、弱気になる自分を振り払うように、外の空気を吸いにホテルの外に出てみると、東京とは比べ物にならない程の無数の星が、夜空いっぱいに輝いていた。

「もう、子供たちもねてるだろうなあ・・。」

自分らしくもない思いが頭をよぎった私に、思わず苦笑していた。「マズイ。大分弱気だな・・。」

「こんな時は、戻って寝るに限る。」



カウンターの夜勤さんに挨拶を入れて、ホテルを後にした。


金融機関との攻防

テーマ:

綾部の条件が見えてきたことで、私は勝負に出た。

まずは、現状の大林に対する、というよりも我々再生PJに対する金融機関の評価を探ることからスタートさせた。

政府系の特徴として、目的の資金融資にはある程度積極的に融資を進めてくれるが、運転資金的な目処が立っているかどうかが条件とされることが多い。そこで、信用金庫ともうひとつの地方銀行に絞って、もし買収が実現した場合の運転資金の融資依頼をぶつけてみた。

当初、それぞれの支店長はイマイチこの話を信用していないような素振りだった。それもそうだろう、保証協会付きの融資条件も厳しいという状況で、「何が買収だ?」

彼らの反応は、至極当然だろう。

一旦、その程度で退席した私は、その足で綾部の関口社長を訪ねた。そして、単刀直入に「このホテルの買収話にうちも参加できますか?」

さすがの社長も、一瞬戸惑いがあったようだ。

「い、いや、それは是非お願いできれば・・・。」

それ以上は、言葉に詰まった。

「そうですか、それでは是非頑張らせていただきたいのですが、DDの実施をお願いしたいのですが、構いませんか?」

矢継ぎ早のプッシュに社長は、

「○×、○×・・・。」

何を言っているのか、さっぱり。まさに意味不明の言葉が吹き出ていた。

「社長、大丈夫です。これはうちの社長も了承済みですので。ただ、彼も、そんなこと実現できるのか?っと、半信半疑ですが、私には自身がありますので、安心してください。」

さらに、「社長にとって、また、ここの従業員のみなさんにとっても良い結果をお約束しますので、是非ご協力お願いします。」

どこまでも図々しい宣戦布告だった。


その後数日して、大林の設備関係の責任者をしている土橋部長に、綾部の設備関係のDDを依頼した。

「本部長、綾部って?あの、綾部ですか?」

土橋は、意味が分かっていないようだった。これも当然だろう。

そこで、作戦を少しばかり説明し、この作戦の成功には君の働きが重要だと告げた。

すでに、私が2年前に来た頃の、死んだ目をしていた土橋ではなくなっていたが、この時を境に、明らかに土橋の瞳が以上に輝いていたのを今でも良く覚えている。

「解りました、それでいつまでに報告書を提出すればよろしいでしょう?」期待できそうな質問だった。2週間以内に頼みたいと説明し、私は税理士の事務所に向かった。


ここに来て最初に取り組んだ仕事は、プロジェクトメンバー探しだった。本格的に再生するためには、財務のプロ、ネットのプロ、法律のプロ、調査のプロなどが必要なのだ。

幸いにも今までの流れで、これらの人材には恵まれていた。特に、財務のプロの税理士吉岡が、この松崎にいてくれたのが非常に力強かった。彼は、東京の税理士事務所で、私の事務所の税務顧問を10年以上に亘って勤めてくれていた。何となく「縁」を感じて、直ぐに大林の再生プロジェクト副本部長として迎えた。


その吉岡税理士を訪ねた私は、一気に綾部買収計画を説明した。

しかし詳細を聞く前に吉岡は、

「どうやって買収するつもり?そんな資金があるとも思えないが・・・。大林夫婦に隠し財産が未だ残っているのかねえ。」と

やはり、金融機関と同じ質問を返してきた。

企業買収の経験がない以上、無理もなかった。

そこで、あまり細かいことは省略し、「LBOでやるつもりだ。やり方は任せて貰いたい。ただ、買収後の税務処理については、しっかりと調べておいてください。」とだけ依頼して、事務所を後にした。

ホテルに戻る途中、美しい夕陽が、徐々にこの街をオレンジ色に染めていく光景に遭遇した。太陽が自分を癒してくれているような、そんな気分にさせてくれる一瞬であった。






無謀な賭けに出る!

テーマ:

その後、綾部の買収話も大詰めに来たころ、栃木の本丸の買収話がどうもキナ臭い方向にいっているという、この業界にありがちな胡散臭い噂となって広まっていた。

ここ数年、TVドラマの影響もあって、企業買収という言葉がよく知られるようになっていた。ホテルの買収話も特に珍しいことではなく、景気の低迷とともにその数も日増しに増え続けていた。

大林に来て、まさかホテルの買収劇の主人公を演じることになるとは、自分でも少々自嘲気味である。営業支援を依頼されて来てみたものの、まさかこれほど酷いとは・・・・。

勿論、最初から分かっていれば、一志には悪いが断っていたのだが、親父譲りのお人好し根性がどうしても頭をもたげてしまう癖が、恨めしく思えてならない。

綾部の本丸の買収話は、千葉のグループと近年日帰り温泉施設などで実績を上げてきたグループとの攻防が激しさを増して来ていた。この連中は、表ではホテル経営というクリーンなイメージを出しているが、その裏では政治家や建設会社、そして投資家などと組んでは危ない橋を渡っていることも、業界ではよく知られていた。

それだけに、「本丸と関口社長を分断できれば、こちらに勝算はある。」と読んでいた。

しかし、問題は融資先だった。

「この八方塞がり状態をどうやって打開するか?」

私は、「あれに賭けるしかない。」と心の中でつぶやいていた。


ここの景色は、ハワイのダイヤモンドヘッドを彷彿させ、都会の喧騒から解き放ってくれるだけの価値を持っている。一度来たら、必ずもう一度来たいと思わせる・・・まさに一級品の観光資源だろう。

そんな財産を持ちながら、一体何故ここまでこのエリアの観光が衰退してしまったのか、不思議でならない。地震の影響もあるだろうし、交通手段のインフラの問題も大きいのだろう。しかし私は、ここに来て約一年を過ごしてみて、問題の本質が全く違うところにあると気づき始めていた。