御浦さんの【マメなBonsai】

御浦さんの【マメなBonsai】

ミニ盆栽のお世話や小鉢作りをしています。
小さな盆栽に関することや日常などを綴ってます。
一喜一憂しながら、ゆっくりと自分も成長して行けたらと思います。

ミニ盆栽や小鉢を楽しむ盆栽好きな私の盆栽関連記や日常の出来事などを綴っています。

テーマ:
昨日、我が家の家族が息を引き取った。

元気な子でしたが、あまりにも突然だったよ。



昔の写真を引っ張りだしてみたよ。
お気に入りの場所でぬいぐるみに囲まれてるのが好きだったみたい。



頭にカチューシャや小さなぬいぐるみを乗せて遊んであげると喜んでくれていた。


でも最後は





手を添えてあげた。

ずっと撫でてあげたよ。
感謝の気持ちしか無い。
ありがとね。

テーマ:
季の風さんにはこれまで何度か伺う機会はありましたが、都度、諸事情により断念せざるを得ない状況に業を煮やし、単身初訪問させていただきました。



看板犬の「ハチ」
とても良い子でいつまでも撫でてあげたかった。
名前の由来を伺い、可愛がられているのだなと
感じます。また会おうね。



こちらの鉢をいただきました。



 

落款はカタカナ表記に変換しますと
「サワヤマ」
はじめ、サワヤマを知らなかった私でしたが
木村さんにこれは初期の横田龍人の落款であると教わりました。勉強になりました。




こちらは言わずもがな「龍人作」の落款です。
龍人(サワヤマ)氏のロクロは神の域かと。
これだけ切れ味鋭くロクロを引ける作家さんは
見かけません。他の追随を許してないと思います。


他、盆栽を幾つか頂いてきましたが、
それはブログでお披露目するのではなく
別の機会でと言うことで。


【おまけ】



昼食は松戸駅近くの「らーめん風」に。
新作のイカ墨ブラック!ご馳走様でした。美味しかったです。

テーマ:

うちはミニ盆栽を置くトレーに人工芝を敷いてます。
自動潅水底面給水式と人工芝の保湿力を併せて水切れ予防対策としています。

賛否あるかと思います。環境によっては苔が蔓延る。カビが発生するおそれがある。人工芝に雑草が生える等々。
それら全て、時々掃除してやれば問題にもなりません。枯らすよりマシだ。

手に負えないほど鉢数多くて面倒だと言われる方はやらない方がいいですよ。
それ理由にしちゃう人は管理そのものが億劫なはずですからね。

テーマ:

某雑誌の通販で入手したイタヤカエデの小型種であるコイタヤカエデの葉刈りを敢行します。
葉と土の様子を見る限り、施肥はされているなと判断しました。





全葉刈り。
数量物ですからどんな素材が届くかはギャンブルです。胴の曲下で取り木も有りですが、
イタヤ系ですので立ち上がりからの力強さを捨てずにこのまま作っていこうと思います。
古さが得られたら雰囲気出るかなと。
取り敢えず、木の体力維持の為に優しい液肥は与えました。

葉刈りの最大の目的は採光による懐芽吹きの促進と葉を小さくすること、枝数を増やすことなどが挙げられます。
でも木が元気な状態でなければ葉刈りはやめて、
養生させてあげてください。
既に葉が小さかったり芽が弱々しかったり、
葉の色と葉の厚みが通常より薄いようでしたら
労ってあげた方が良いです。

テーマ:

頭に被り細かい作業を行う際に使用するライト付きヘッドルーペです。職場の方から頂きました。

私は昔から遠視ですので、老眼になるのは割と早かった。小さな鉢を作っているとよく見えないようになってきたので入手出来て良かったです。
見えにくいものを見ようとすると疲れるんですよね。





度もバリエーションが揃っています。
今のところは一番低い倍率で充分かな。
昨日、鉢を作っている時にヘッドルーペを買おうかなと考えていたのでグッドタイミングです。
良い仲間達に感謝感謝!活用しますよ。

ただ、細かい作業をする上で今までとは見え方が違ってくるのでその点は慣れが必要かと思われます。

テーマ:

先日の日本小品盆栽協会の交換会で競り落としたものです。この鮮やかな赤色に時代が相まっており、競り前の品定めで狙っていたので入手できて光栄です。こちらの鉢を出された荷主様にも感謝申し上げます。

世間はG・Wなんですね。
私は仕事、仕事、仕事...休みなく働いてますので大盆栽市なるものに伺えずに居ますが、
大いにギャランティーを稼ぎ出そうと前向きに取り組んでます。やるからには半端な気持ちでは働きません。そして元気に働けることはとても幸せですよ。
でも...たまには休みたいな〜笑

テーマ:
{C0786961-C851-4C25-B7A6-3E650FB60B38}

あまりたいした木ではありませんが、今年が初成りの老爺柿です。確か楊貴妃だったと朧げに記憶してますが、正直なところこの老爺に関しては忘却の彼方っぽい感じですから定かではありません。それを確認するべくジベレリンを噴霧し、
取り敢えずは着果しそうではあります。
うまく管理出来たら実の様子を確認出来るので秋が楽しみです。ま、でもね、別に楊貴妃じゃなくてもいいさ。老爺柿なんて新品種が生産されてはべらぼうな値段で売られてるので、それ追っかけていたら新しいスマホが出る度に買ってるのと大差無いと思ってますので実が着いてくれるだけで有難いと思ってます。


{70A6816C-6D06-40FB-AD49-DC537C004537}

この草..
名前がわかりません。これは昨年の春に掘り上げてこの小鉢で管理しており、とても丈夫です。
雰囲気もセキショウのようで悪くない。
いわゆる雑草の類いですが、そもそも雑草って括りは何だ?と考えてます。
雑草と呼ばれる草にも良い雰囲気のものはあると思いますよ。


{9B3B2A69-2265-4493-B208-5AD918F651FC}

そんなわけで昨日、新たに6株を拝借し小鉢に植えました。その気になれば数百...
そこまで傲慢には採りませんけどね 笑

テーマ:
{760C45A4-C1A8-499F-8C76-809489A41E04}

草・雑木類の植え替えを済ませ、松柏類の植え替えに移行していた近況でしたが、この木の植え替えを見落としていましたよ。
取り木から素焼き鉢で暫く培養し、根を充実させてましたので今年は植え替えの頃合いでしたから
うっかりというものは怖いものです。

朝、昨夜からの強風突風で木が随分と転げているだろうと思い、棚場に向かい案の定倒れた木を直していたら気がつきました。風様様?物は考えようです。

さて、今年は己に課したテーマに「改」を掲げています。簡単に言えば改作に力を注ぐぞ!って事ですが、テーマにしなくても毎年やってはいるような...。
そこは毎年のサイクルに加え、もう一歩踏み込んでみようじゃないかと言う腹積りです。
少し踏み込んだ改作もしますが、持ち込むべき木は持ち込み、伸び伸びと管理したいものはそうする。いわゆる多様性に富んだ趣向をさらに充実させていきたい。全体的な方向性としてはそんな感じですね。

「改」に伴い、行く行くはまた赴きの違う鉢も必要になってくるであろうし、本当に盆栽という趣味に終わりはないのだなと考えさせられます。
そんな過程を楽しみながら自分に与えられた時間の中で出来る限りのお世話をして、次の世代の方々にお任せしていく準備を少しずつ進めていこうかなと最近思うようになりました。
まだまだ目の前の課題に精一杯な自分ですが、
継続は力なりを盆栽趣味を通して楽しみながら謳歌していきたい。そう思っています。
テーマに掲げた「改」は、木だけでなく己の気持ちに対して多少なりともあるのかな?
まるで終活みたいな印象を与える文章になってしまいましたが、まだ私は人生油が乗り切っている最中ですので、あと○十年は生きるつもりですけどね 笑笑

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス