医学的にみる早漏の仕組み | 早漏・仮性包茎ナビ

早漏・仮性包茎ナビ

日本人男性の3割以上が悩んでいると言われている『早漏・仮性包茎』
実際に早漏・仮性包茎を克服した管理人が、日本人男性を悩ませる早漏・仮性包茎の情報をお伝えします。


テーマ:

早漏は脳の問題!?

早漏のメカニズムがオランダの大学の研究によって解明されました。

今まで早漏というと、

  • 失敗経験を思い出す
  • 女性への恐怖心
  • 性欲がコントロールできない(興奮しすぎる)

と心理的要因が原因というのが一般的でしたが、早漏には遺伝的な要因もあるということがオランダのユトレヒト大学の研究によって明らかになりました。
BBC NEWS | Health | Premature ejaculation gene found*

約180人の男性を対象に行われた早漏の研究で、『早漏』と呼ばれる男性とそうでない男性を分けたところ、『早漏』とされる男性はホルモンの一種である「セロトニン」を制御する遺伝子に違いがあることが明らかになったそうです。

*以下、意訳

早漏遺伝子が発見されました

男性の3人に1人は早漏に苦しんでいる―
早漏の原因は彼らの遺伝子に問題があると研究結果が示唆しています。

約200人のオランダ人男性を対象に行なった研究で、性交時にあまりにも早く絶頂に達した男性は、ホルモン『セロトニン』を制御する組合せの遺伝子を持っていることがわかりました。

この組合せの遺伝子を持つ男性は、他の男性よりも2倍早く射精することが判明しました。

「セロトニンのレベルが射精の速さをコントロールする」

とユトレヒト大学の研究者が性医学誌(Journal of Sexual Medicine)に伝えたといいます。

心の問題ではない

Marcel Waldinger博士の研究に、早漏で苦しむ89人のボランティアが参加しました。
  1ヶ月間、女性パートナーと性交の際、時間を測定するためにストップウォッチを使用し、射精までの時間を計測しました。

結果、早漏ではない92人の男性と比較したところ、早漏の男性のセロトニンは、射精をコントロールする脳の部分と神経間での活動が活発ではありませんでした。

彼は、早漏の男性は通常の男性と比べホルモンの神経信号が正常に伝達されないことを意味するといいます。
  「これはそれまで一般的だった早漏の原因と矛盾します。早漏の主な原因は精神障害です」と発言しました。

また、今回の研究結果をふまえ、早漏は遺伝子治療が可能かもしれないことを意味する、と博士は言いました。

「早漏は間違いなく、心理的要因だけではありません。
しかし、心理的な要素が存在するのも事実です。彼らが自らどのくらいのコントロールできるかが問題です。その問題がパートナーがいる際に発生した場合は心理的問題の可能性が高くなります」

と心理セラピストのPaula Hallも証言しています。

彼女は、早漏の男性は一般的に反射反応が高い傾向にあったと発言しています。

「早漏の男性は非常に迅速な反射神経を持っています。
    例えば、テニスやコンピューターゲームをプレイする時に優れたかもしれません。」

また、彼女は射精はセロトニンとリンクされた、ホルモンに作用する薬の研究開発が行われていると証言しました。

現在、早漏の治療薬は市場に出回っていません。
早漏治療にはカウンセリングと抗うつ剤の使用を用いていますが、うつ病のためではなく射精を遅らせるという効果が期待されています。

まさとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス