デザイン×クオリティ FOCALのニューモデル『KANTA N゜2』のご紹介です! | 岐阜のオーディオ&ホームシアター専門店 サウンドハンター 公式ブログ

岐阜のオーディオ&ホームシアター専門店 サウンドハンター 公式ブログ

岐阜にある、
オーディオ(エントリークラスから、ハイエンドオーディオ・ホームシアター)
・ヘッドホン・イヤホン・ソフト・楽器の揃う店。
音楽や映像をより楽しむ提案を日々発信~予定
名古屋や三重・滋賀からも近いよ!!


テーマ:

フランスが誇る世界的スピーカーメーカーFOCALから新たなモデル『KANTA N゜2』が登場しました。

 

カンタ、という人の名前のような不思議なネーミングが気になり、

どういった意味があるか調べてみたところ、サンスクリット語で『美しいもの』というような意味があるそうです。

 

ここから名付けたかどうかは定かではありませんが、KANTA N゜2は

まさに『美しいもの』、という意味合いがぴったり合いそうな

美しいデザインに確かな音楽的実力を兼ね備えたスピーカーです。

 

今回はKANTA N゜2についてご紹介したいと思います。

 

KANTA N゜2は他のFOCAL製品と同様、全てフランスの自社工場で製造されています。

 

ツィーターには上位モデルと同様のベリリウムによるインバーテッド・ドーム・ツィーター(逆ドーム・ツィーター)が採用されています。

UTOPIAシリーズから更に進化したIAL3(Infinite Acoustic Loading)により、歪みが大幅に低減しています。

 

ミッドレンジとウーファーにはARIAと同様のFLAXコーンを使用しています。

FLAXコーンはフランス産の亜麻をグラスファイバーでサンドイッチしたというものです。

非常にユニークに感じますが、麻は質量/剛性/ダンピング性能と、FOCALが重視する要素を高いレベルでクリアした

理想の素材なんだそうです。

 

コーンの素材はARIAと同様ですが、SOPRAやTOPIA III EVOと同様のNIC(Neutral Inductance Circuit)やTMD(Tuned Mass Damper)などの技術が盛り込まれています。

 

フロントバッフルには新開発の高密度ポリマー(HDP)を採用しています。

同じ厚みのMDFよりも剛性・密度・ダンピング性能に優れています。

また、高精度な加工が可能なHDPだからこそ、KANTAのエレガントなデザインが可能になりました。

 

サウンド・ハンターにて展示中のIVORY MAT(アイボリー・マット)の側面および背面は木目のうつくしいウォールナット仕上げ。

 

カラーバリエーションも非常に豊かで、ラッカー仕上げとマット仕上げそれぞれ4種類、合計8種類のラインナップがあります。

サウンドは非常に軽やかで広がりがあります。

聴きごたえのあるスケール感を楽しめますが、決して重々しくならず、爽やかさを感じるサウンドです。

 

見た目も相まって、非常に愛着のわくスピーカーではないでしょうか。

 

サウンド・ハンターではこのFOCAL『KANTA N゜2』を常設展示しております。

気になる方はぜひ一度その目で、その耳で実力を確かめてくださいね。

 

 

 

サウンド☆ハンターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス