〇『高山広一人芝居~マイケル・ジャクソン物語』正式タイトル決定 | 吉岡正晴のソウル・サーチン

吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002

〇『高山広一人芝居~マイケル・ジャクソン物語』正式タイトル決定

 

【Takayama Hiroshi’s One Man Play, Official Title Finalized】

 

決定。

 

来る2019年6月30日(日)目黒ブルースアレイで行われる「高山広・一人芝居・激励~マイケル・ジャクソン物語」の正式タイトルが決まった。正式タイトルは、「高山広・一人芝居・激励~マイケル・ジャクソン 終わらないDの物語」。

 

前回の「ルーサー・ヴァンドロス物語」「アレサ・フランクリン物語」はそれぞれ30分から40分ほどの中編だったが今回は90分ほどの長編になる模様。一部・二部でわけるか、通しで一気にするかを現在台本の細かいところをつめているところで未定。

 

高山さんは、アレサやルーサーについては、詳細な情報を持っていなかったが、「マイケルに関しては、普通にファンだったので、ものすごく悩んでいます。そして、いろいろな資料を読み込んだり、曲を聴きこんだりすればするほど、そのハードルの高さに恐れおののきます。目の前の壁は、エヴェレストの直角の壁のようで。で、どうやろうかといろいろ考えて、ひとつアイデアを思い付いたんですが、それを進めていくうちにそのアイデアはボツにして別のアイデアが浮かびました。それを軸にやっていこうかと思います」とその意気込みを語った。

 

その流れ、方向性を先日簡単に語っていただいたのだが、その話を聞くだけで僕は感動してしまった。高山広ワールド全開だ。

 

当日いらっしゃる方は、ぜひご期待ください。と、また、ハードルを上げてしまった。(笑)

 

「終わらないDの物語とは」「ミスターDとは」、マイケル・ジャクソンをめぐるもう一人のマイケル・ジャクソンとは。

 

ご予約は、お早目にブルース・アレイに直接どうぞ。

 

高山広・近影

 

「ワンマン・プレイ(一人芝居)」とは、演者一人が、様々な役を演じて、ストーリーを展開するもの。高山は人間だけでなく、さまざまな地球上の生物、物体にさえ成り移る。アクター、高山広が渾身の力を込めて、マイケル・ジャクソン物語を熱演する。

 

また、このミュージシャンを取り扱った一人芝居は、そこから聴こえてくる音楽とともに、「まったく新しい音楽体験」としてそのアーティストの魅力を知るいい機会になる。

 

マイケル・ジャクソン・ファン、ソウル・ミュージック・ファン、さらには一人芝居というものに興味ある方は、ぜひ一度ごらんいただきたい絶対おすすめの演目だ。

 

◎高山広・ウェッブ

https://ameblo.jp/okimochi/

 

高山広・プロフィール

https://profile.ameba.jp/ameba/okimochi

 

 

 

 

 

      概要

 

「ソウル・サーチン・プレゼンツ・高山広“劇励”公演『マイケル・ジャクソン~終わらないDの物語~』

 

出演 高山広 

 

案内 吉岡正晴

トークゲスト 

湯川れい子 (音楽評論家、作詞家)

サミュエル・サトシ(HOME MADE 家族 KURO)

 

公演日 2019年6月30日(日) 

開場16時30分 開演18時~

会場 目黒ブルースアレイ・ジャパン

東京都目黒区目黒1-3-14 ホテルレオン目黒地下1階 電話03-5496-4381

料金 前売り・当日共通テーブル席4000円(+御飲食代)

・ディナー・セット(ミニ・ディナー、1ドリンク付き、ミュージック・チャージ、サーヴィス・チャージ込)11000円

飲食代別、当日はテーブル席には別途シートチャージ540円がかかります

主催 ブルースアレイ・ジャパン

企画制作 ソウル・サーチン・ザ・セッション

一般問い合わせ ブルースアレイ・ジャパン予約センター 03-5740-6041

 

~~~~~

 

■高山広・過去記事

 

「ルーサー物語」初演時のこと

July 07, 2006

Takayama Hiroshi Talks About Luther Vandross

【高山広・ルーサーを語る】

http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_07_07.html

 

「アレサ物語」について

一人芝居

2007年03月30日(金)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10029376921.html

『ソウル・サーチン』でアレサ・フランクリンを演じたときの評。

 

高山さん単独のワンマン・プレイ・レポート→

 

高山広パーシモンホール第2回公演、1月15日に

2010年01月12日(火)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10432369591.html

 

高山広~おキモチ作戦「劇励」~さくらばあちゃんのいる街

2013年08月29日(木)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11599891440.html

 

高山広~『劇 励』

2012年08月18日(土)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11330937142.html

 

高山広~引き続き復興支援公演、3月31日に

2012年03月26日(月)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11200819879.html

 

2010年01月20日(水)

高山広ライヴ:「ねずぶり」~「ねずぶり」とは、そしてそのメッセージは

http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20100120.html

 

2008年09月09日(火)

高山広・一人芝居~20周年中年

http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20080909.html

 

November 07, 2007

Takayama Hiroshi @ Martano : He Made “Away” Home

http://blog.soulsearchin.com/archives/002129.html

マルターノでのライヴ。

 

August 28, 2006

Takayam Hiroshi One Man Play: Portrays All Things In The Universe

http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200608/2006_08_28.html

 

July 23, 2006

Takayama Hiroshi: Like A Virgin; Hot, Hot, Hot

http://blog.soulsearchin.com/archives/001151.html

 

July 07, 2006

Takayama Hiroshi Talks About Luther Vandross

http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_07_07.html

『ソウル・サーチン』でルーサーと父を演じたときの評。

 

July 02, 2006

Big Big Thanks For Joining "Soul Searchin’: The Session Vol.1"

http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_07_02.html

 

May 22, 2006

Takayama Hiroshi One Man Stage Play

http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200605/2006_05_22.html

 

 

ENT>ANNOUNCEMENT>Takayama, Hiroshi

 

 

-0900