○「ソウル・サーチン・ラウンジ」、ゼブ・フェルドマンさんも観客に | 吉岡正晴のソウル・サーチン

吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002


テーマ:

○「ソウル・サーチン・ラウンジ」、ゼブ・フェルドマンさんも観客に

 

【Zev Feldman Will Be In The Audience At Soul Searchin Lounge】

 

ヒストリー。

 

いよいよ明日記念すべき20回となる「ソウル・サーチン・ラウンジ」では、コンピレーションの匠、ハリー・ワインガー氏、日本のR&Bジャーナリスト、林剛氏が登壇するが、観客にゼヴ・フェルドマンさんが参加することになった。フェルドマンさんは、ジャズ関連のコンピレーション、復刻ディレクターとして多くの作品をてがけている音楽マニア。ワインガー氏とも個人的につながっており、たまたま同時期に日本にいることがわかり、このラウンジに足を運ぶことになった。

 

ゼヴ・フェルドマン氏は現在レゾナンス・レコードの副社長、ジェネラル・マネージャー。2007年頃から、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ローランド・カークなど多くのジャズ作品のアーカイヴ音源などを発掘してリリースしている。

 

レゾナンス・レコードからは最近はデトロイト近辺で活躍し、モータウンなどの作品でもプレイしていたギタリスト、デニス・コフィーの作品なども出している。

 

ホット・コフィー・イン・ザD [輸入CD][日本語帯・解説書付]

デニス・コフィー

Resonance Records / King International (2016-12-24)

https://goo.gl/ieB3Re

 

ジャズではサラ・ヴォーン、スタン・ゲッツ、シャーリー・ホーン、ビル・エヴァンス、ウェス・モンゴメリーなど多数の作品をリイシューしたり、そのライナーノーツを執筆している。

 

フェルドマンさんは観客として参加するので、登壇は未知数だが、ワインガーとは旧知ということなので、ノリで登壇に至ることもなくはないかもしれない。その場合、いったいどんなマニアックな話になるのか、まったく想像がつかない。

 

ゼブ・フェルドマンさん

 

~~~~~

 

「ラウンジ」は席数が限られていますので、予約がお勧めです。17日当日は午後2時くらいまでは、下記メールまで。以後は6時以降にお店に直接お電話ください。

 

「ソウル・サーチン・ラウンジ」20回記念~ジェームス・ブラウン特集第2弾ゲストにハリー・ワインガー氏林剛氏登壇2017年5月17日水曜開催

 

■「ソウル・サーチン・ラウンジ」イヴェント概要

 

            概要

 

タイトル 「吉岡正晴のソウル・サーチン・ラウンジ~No.20~ジェームス・ブラウン特集第2弾~ハリー・ワインガー氏、林剛氏を迎えて」

 

日時 2017年5月17日(水)第一部=19時30分~20時30分、第二部=21時~22時 (入れ替えなし、通しでお楽しみいただけます)

場所 カブキラウンジ

住所 東京都新宿区歌舞伎町 1-23-13 TC大滝ビル5階 (1階は出会いカフェ・キラ)

電話 03-6205-5125

入場料 2000円(1ドリンク付き)当日、現地でお支払いください。

 

出演 吉岡正晴

ゲスト ハリーワインガー (ユニヴァーサル・レコード、カタログ部門ディレクター、ジェームス・ブラウン・ボックスセットなど編纂者、グラミー賞受賞)

ゲスト 林剛 (R&B音楽ジャーナリスト、『新R&B読本』など著者)

通訳 早瀬みゆき

サポートDJ OSA

http://kabukilounge.tokyo/

座席数 約30

 

予約方法 下記メールアドレスへ「ソウル・サーチン・ラウンジ」参加希望と書き、参加人数、お名前、連絡先などを明記してお送りください。折り返し、確認メールを差し上げます。なお、携帯メールなどで受信ドメイン指定をされている方はsoul_searchin_lounge@yahoo.co.jp からのメールを受信できるように設定してください。予約なしでも入れますが、予約をいただけば優先的にお席を確保いたします。

予約メール送り先 

soul_searchin_lounge@yahoo.co.jp

 

ポイントカードお持ちの方、ポイントしっかり押します。

 

 

 

ENT>EVENT>SOUL SEARCHIN LOUNGE>20

EVENT>SOUL SEARCHIN LOUNGE>Weinger, Harry / Hayashi, Tsuyoshi

 

 

 

soul searcherさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス