◎メイ J. 初武道館~叶った夢、ご褒美の続き | 吉岡正晴のソウル・サーチン

吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002

◎メイ J. 初武道館~叶った夢、ご褒美の続き

【May J. At Budoukan : Dream Comes True For Her】

ご褒美。

シンガー、メイJ.がついに武道館で公演を行った。彼女については、前回2014年3月のブルーノート公演のライヴ評で、「長い下積みの時代を経て、ついに単独でブルーノートをいっぱいにすることができた、それはずっと歌い続けたことへのご褒美だ。これからもきっとたくさんのご褒美が彼女にはもたらされることだろう。歌い続ける限り」と、書いた。そこで、「国際フォーラム、さらに武道館へと夢が広がる」としたのだが、なんとそれから1年も経たずにいきなり武道館公演になった。

{F19E0A66-4E44-412C-89E5-FAC21308CA0F:01}



ここ1-2年の彼女のブレイクぶりは、ほんとに一気に来たという感がする。新宿の誰も客がいないような深夜のイヴェントから、ブルース・アレイでの定期コンサート、そこからホールでのライヴを経て武道館。彼女がこの日このステージに立った瞬間、僕は同じようにデビュー前から応援していたAIの初武道館公演を思い出した。

彼女は「9年目でこの地に立つことができました」と言ったが、デビュー前から彼女のことを知っていて、この日共演したヒップホップ・アーティストの、ズィーブラ(Zeebra)は、「ここを目指しても、全員が来られるわけではない。それがこうしてここにきているのだから感無量だ」と語った。

ある意味、歌う者、音楽を志す者にとって武道館というのは、本当にひとつの金字塔というか、象徴というか、最大の名誉なんだなあ、と思った。

ブルース・アレイの金森さんは、「ブルース・アレイ以降、ほんとにとんとん拍子にあっという間にここまで来ちゃいましたよね。うちから後が早かった」とそのスピード出世ぶりに驚いていた。

音楽ディレクター(バンド・マスター)のギタリストでもある上條頌は、「ほんと曲数多くて、たくさんリハーサルやりました」と言っていた。

歌はもちろんのこと、ダンサーをいれ、たくさんのゲストをフィーチャーし、これまでの8年間のメイJのキャリアすべてをここに凝縮したようなたっぷり、超おなかいっぱいの3時間42分。

{3EB79446-9564-431C-A25A-2183EDDF7610:01}



おつかれさま。そして、最後に4月からの全国ツアー(28本)が発表された。

長い下積みは、まるで大型ジャンボ機が飛び立つまでに長い滑走路を走るかのよう。そして、滑走路からふわりと浮かびあがり、ここ1-2年で一挙に高度1万メートルの巡航高度まで駆け上がり、これからはその高い高度で静かにゆっくりと飛行していく。28本のツアーは巡航高度での安定した飛行を存分に見せてくれるものになりそうだ。

ご褒美が続いている。

~~

もう一つの夢。

26歳。

マネージャーとしてずっと彼女を支えてきた野呂晴二さんが、メイJと初めて会ったのが、2006年1月18日だった。当時彼女はソニーと契約したばかり。そこで新しい事務所となるニュー・ワールド・プロダクションの野呂さんが紹介された。その後、デビュー、移籍、多くの地道なプロモーション、ヒットの誕生、ブレイク。それをずっとスタッフのひとりとして支えた。あれからちょうどぴったり丸9年で、彼女は武道館に立った。

実は彼も一時期ミュージシャンとしてやっていこうと思ったが、それはかなわず26歳のときに表舞台を諦め、裏方に徹することを決断した。

26歳で表舞台から消えた男が、自身の叶えられなかった夢を託して育てたシンガーがついに26歳になって武道館のステージに立つ。

26歳で夢を諦めた男と26歳で夢を叶えた女性。夢を諦めたと言っても、実際、彼もある意味、夢を叶えたのではないか。しかも、二人が初めて出会った日に。

「ええっ、じゃあ、その記念日として1月18日武道館にしたんですか?」と尋ねると、「いや、後から気づいたんですよ。(笑) 武道館で日曜でこの近辺で空いてる日がこの日しかなかったんです」と明かしてくれた。だが僕は引きが強い人たちは、こういう運命を持っていると思う。

■オフィシャル・サイト、ブログ

http://www.may-j.com/index.php

http://ameblo.jp/mayj/

■全国27都市28公演全国ホールツアー日程

『May J. Spring Tour 2015』

<日程 / 会場>
4/11(土) 秦野市文化会館
4/14(火) 富山県民会館
4/16(木) 赤穂市文化会館ハーモニーホール
4/18(土) 紀南文化会館
4/19(日) オリックス劇場
4/24(金) ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ
4/26(日) 山口市民会館
4/28(火) 丸亀市民会館
5/2(土) 島根県芸術文化センターグラントワ
5/4(祝・月) 福岡市民会館
5/5(祝・火) 別府ビーコンプラザ フィルハーモニアホール
5/9(土) 日立市民会館
5/12(火) 東金文化会館
5/16(土) 北上市文化交流センター さくらホール
5/20(水) 富士市文化会館 ロゼシアター
5/22(金) 佐野市文化会館
5/28(木) 高山市民文化会館
5/30(土) 愛知県芸術劇場 大ホール
5/31(日) 松阪クラギ文化ホール
6/2(火) 文化パルク城陽
6/6(土) 伊勢崎市文化会館
6/12(金) サンシティ越谷ホール
6/16(火) 釧路市民文化会館
6/18(木) 札幌市民ホール
6/20(土) 東京エレクトロンホール宮城
6/23(火) 魚沼市小出郷文化会館
6/26(金) 昭和女子大学 人見記念講堂
6/27(土) 昭和女子大学 人見記念講堂

■過去関連記事 (このほかに「ソウル・パワー」ものがあります)

2014年03月22日(土)
メイJ、ブルーノートを超満員にする~歌い続けることへのご褒美
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11801538478.html

2011年09月13日(火)
May J ファミリー・パーティー
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11015806585.html

■メンバー

May J. メイJ. ヴォーカル

上條 頌 バンドマスター ギター 
Kaz Katoピアノ/キーボード 
滝元 堅志 ベース 
坂東 慧 ドラムス 
Penny K キーボード
DJ TOSHIYA

May J.フィルハーモニー・オーケストラ

ダンサー

MIMI
KANA
ENA
AILI
MIORI
YASUHA
ERI
YURI
SAECA
ANNA

Guest:

DJ KAORI
Zeebra
VERBAL(m-flo)
キマグレン
クリス・ハート

■セットリスト May J. @Budoukan, January 18, 2015

Show started 17:07
01. Garden(feat. DJ KAORI)
02. Be mine ~君が好きだよ~
03. レット・イット・ゴー ~ありのままで~ (エンドソング)
04. 風になりたい(feat. Zeebra)
05. ONE MORE KISS (colors)(feat. Zeebra)
06. カバー曲メドレー(366日~First Love~花~すべての人の心に花を~~ハナミズキ~Precious)
07. HERE WE GO(feat. VERBAL(m-flo))
08. MY GIRLS
09. DO tha’ DO tha’
10. Dear…
11. もし君と(with キマグレン)
12. LIFE(May J., キマグレン)
13. カバー曲メドレー(手紙~拝啓 十五な君へ~~やさしさに包まれたなら~元気を出して~キラキラ)
14. My Sweet Dreams
15. Lovin’ you
16. TSUBASA
17. I DREBMED A DREAM
18. So Beautiful
19. Sunshine Baby!
20. RAINBOW
21. Beautiful Days
22. Shiny Sky

(アンコール)

23. 本当の恋
24. A Whole New World(with クリス・ハート)
25. 白い雲のように(with クリス・ハート)
26. Believe

(ダブルアンコール)

27. Let It Go (English ver.)
28. ありがとう
Show ended 20:49

(2015年1月18日日曜、日本武道館、メイJライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>May J.

May J. 最新作 

May J. W BEST -Original & Covers- (CD2枚組) (初回フラッシュプライス盤)
May J.
rhythm zone (2015-01-01)
売り上げランキング: 256


2015年2月15日発売 シングル新曲

ReBirth [GOD EATER 2 RAGE BURST Edition]
May J.
rhythm zone (2015-02-25)
売り上げランキング: 214