普段は週末にお客様に行っているレインドロップ。

 

レインドロップを行い、お客様と対話することは、私自身のヒーリングにもなり、活力の素ともなっています。

 

今月前半は梅雨のお天気のせいか、レインドロップの施術の機会が無いまま過ぎました。

 

4月から5月の連休中も働いていた自分へのご褒美の時間、立ち止まりなさいという天の声、と受けとめています。

 

とは言え、どうもスッキリとしない感じがしてきたので…自分自身にレインドロップを行うことにしました。

 

セルフレインドロップは、疲労が大きい時やデトックスの必要を感じる時に私は行いますが、昨年の10月初旬に転んで腕を骨折した時は、毎晩1か月くらい集中的に自分自身にレインドロップを行なっていました。

 

骨折当日は患部に直接レインドロップオイルを繰り返し振りかけて塗布して過ごし、翌日に病院でギプスをしてからは、ギプスをしたところに近い場所や足裏に塗布しました。

 

病院には医師の診断とレントゲン検査のために週1回ほど通っていましたが、医師に出された鎮痛剤は一切飲みませんでした。その必要が無かったからです。

 

レインドロップで使うエッセンシャルオイルたちのおかげで、鎮痛が出来ていました。

 

医師は骨折直後なのに痛がらない私を終始不思議そうに見ていましたが、病院で自然療法を語るのはめんどうな気がして、エッセンシャルオイルで鎮痛していることは話しませんでした。

 

結果的には3週間でギプスを外してもらい、11月から今年の1月までは月に一回検査を受けるだけで、完治しました。その間、痛みを感じると、レインドロップのエッセンシャルオイルたちの抗鎮痛作用に助けてもらいました。

 

骨折をしたのは、人生で初めてでした。骨折直後は、2週間後に迫っていた結婚式での通訳MCの仕事のことだけが気がかりでした。まだ腕にギプスはしていましたが、当日までの準備期間や当日も、こころを落ち着けて仕事を無事こなすことができたのは、セルフレインドロップが心身の浄化にも役立っていたからだと思います。

 

骨折は、ヒトの身体の自己治癒力の素晴らしさと、エッセンシャルオイルのパワーを実感する良い体験となりました。そして、レインドロップは骨に効く、ということも体感しました。

 

昨夜久しぶりにセルフレインドロップを足裏にしてみたら、いつもよりもぐっすりと眠ることができました。夜中に一度は目覚めるのが普通の私が、朝まで起きることなく熟睡していました。

 

セルフレインドロップの方法については、書き言葉では充分にお伝え出来ないので、ここでは記しませんが、ご希望の方にはセルフレインドロップ講座も随時お一人様から開催しております。

 

ご興味のある方は、ホームページからお問い合わせくださいませ。

 

それでは、また次回😊

 

 

普段のボディメンテナンスには、レインドロップの鍵となるブレンドオイル、ヴァラーを首や肩に塗布してバランスを整えています💚