命を目覚めさせる江の島リトリート

 
抜群のお天気に恵まれ龍神大集合の空の下、
集まるべくして集まった仲間とともに、
素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
 

 



自分が本当に心地よいことをして
エネルギーを満たすと、
自然にお金が循環していく



ということを、
さまざまな場で発信していますが、


昨日のリトリートでは、

私たちが二人の子供を育てながら、
自分たちが心地よく人生を楽しむことしかしないで生き、
それでお金を循環させ、
仕事が成り立っていくということを
リアルに見ていただいた場だったように思います。


「旦那様が別の仕事をしてるんだと思ってました・・・」と、

本当に私たちがこの事業だけで食べていっていることを
目の当たりにして驚愕だった方もいたみたい


でも、

本当にやりたいことだけをやっていれば、

やりたいことだけをして生きていける



ということを、

生きた見本として自分たちをモルモットに実験中!


目先の損得勘定で動かないから、
立ち上がるのにはそれなりに時間もかかりますが、


思考錯誤も含めて、
経過観察中の現時点では、仮説は当たっている感じ(笑)



夫と二人だけで進行したイベントはそういえば初めてでした。

いつもは自分だけで好き勝手やっているので、

当日の朝、一瞬「保護者参観みたいでなんか恥ずかしいなあ」と
思わないこともなかっただけど、


思えばリクルートにいた頃、
私はこの人と何度も何度も二人で研修をまわしたんだった、
いまさら恥ずかしいもないだろうと、一人突っ込みを入れてみました。



女性がサポート側というのは別として、
夫婦や恋人同士が、
同じ仕事をするとうまくいかないという声をたまに聞きます。


私たちも会社にいた頃最初はそんな気もした。

意見の食い違いでプライベートにも影響するしね。

特に、自己実現を果たしたいという欲求が強い、
つまり我が強い女性は、
仕事をする男性性の強い自分とプライベートの女性である自分の、
バランスに悩む時も多いかもしれません。


でも、

使命を生きるようになったら、
仕事もプライベートもありません。



これは公私混同というマイナスの意味合いではなく、


生きていることそのものが仕事であり、
働くことそのものが生活。

それらを楽しみまくることが仕事。

男性性も女性性も、統合されていき、

パートナーとの共生・・・きるステージから、
にエネルギーをみ出すステージを楽しむことができる。


そのコツやツボを押さえさえすれば、


夫婦で同じビジネスをすることは、
家事も育児など、生きていること全てをわかちあうことができて、
実はとてもとても楽ちんで快適で、心も満たされます。



本当にありがたいし、それをあきらめなくてよかったなあって、心から思います。

 


 
大海原のきらきら輝く光を前にしての瞑想や、
江の島てっぺんでのランチ、
夕陽を眺めながらのシェアなど、

 

 

 

 

 


主催者でありながら、自分が一番楽しませていただいたような気もしています。

でも、それが一番大切!


自分を満たしていけば、そのエネルギーは自然に溢れて外に出て行く。


だから、何よりもすべくは自分の泉を枯らさないこと。
自分を満たすことに時間を使うことなんですよね。



参加して下さった方、お近くの方もいらっしゃいましたが、
殆どの方が県外からでした。江の島の引力はすごいわ~!

 

 

 

 


お集まり下さったみなさま本当にありがとうございました。



江の島では、今後どんどんイベント開催していきます。こちらをどうぞ。


リトリートは春の息吹を感じるころに開催予定で、少し先ですね。
その頃に自分たちや世の中がどうなっているのかも、楽しみだなあ。


私たちが思考錯誤しながら
子育てもパートナーシップも楽しみながら、
共にエネルギーを生みだし、
自分の使命を生きて行けるようになりました。


その、最大のコツは、シンプルで

・心地良くあること、
・人生そのものを信頼すること。
・相手を信頼すること。
 



心地良くある、というのは、我儘とは違います。
お互いがいい状態でいられるように、
それぞれが全体最適をはかるという感じ?

そうしていくためのベースにはもちろん対話も必要なんだけど、

対話よりなにより、
相手の潜在意識を信頼するというのが、
重要な気がしています。


潜在意識を信頼するっていうのは、

現状の相手の発言や、行動ではなく、
「相手の存在そのもの」を信頼するってことね。

相手そのものを今、信頼すれば、
信頼できる相手そのものが現実になるのですよね。


より濃い話はこちらでお届けしています☆