涙の卒園式。

テーマ:
昨日は、ついに卒園式でした。。卒業証書


もう前日からなんか1人でしみじみモードに入ってしまってた上、会場に入るやいなや、もう感極まってしまってウルッとしてしまう私えーん



やばっ まだなんも始まってないぜ〜!!

しかも式が始まるまでの時間、子供の1〜3歳の時の写真を先生が編集して動画にしたものをスクリーンで流してあるんだけど、それ見てまた感極まり、(心ん中で)号泣〜えーん


ちなみに写真は事前に親が先生に渡しておいたもの。




で、私がうるうるしてる間、お隣に座ったのはナウニの仲良くしてる子のオンマでした。


そのオンマは泣くっていう雰囲気ではなく、笑うっていう雰囲気で(笑)、写真みて微笑み笑いをされておりましたね。




で、別によそ様の服装につっこむ資格はありませんが、そのオンマは韓国あるあるとよく聞いていた「卒園式なのにトレーナーとジーパン!!」でした。しかもコートなし。デレデレ


韓国は日本の入学式に比べて、保護者の服装がラフだってのは聞いてたけど、ほんとなんだな。笑


っていか、他のオンマはコート着たままだからよくわからなかったけど、中はどうなってたんだろ。笑




ちなみに私は、どうせコートは脱がないと思ったので、中身は普通のセーターにし(笑)、コートをよそいきのコートにしましたぺこ






で、いよいよ式が開始。


1人1人入場〜




で、席につく。



日本でいうあいうえお順、つまり가나다라〜の名前の順で着席。

親も。



なので私は1番前のど真ん中の席でしたキラキラ



そしてまずは、子供達の歌の発表。
曲名「안녕하세요 고맙습니다 」


この配列どうよwww(ナウニは左から4番目)

ナウニが小さいのもあるけど、左から2番目のとてつもなく大きい子と並んでしまうと、ナウニが小人に見えるじゃないかーーーーえーん  先生ーーーー。




で、もうこの歌も、(心ん中で)号泣よ号泣えーん



ちなみに私は昔から、人がいる所で泣くのが苦手ですぐすん

だからこの時も、涙目になってたんだけど、実は心ん中は胸が締め付けられてて、もう涙洪水だったんですわーーえーん



感極まりすぎーーーえーんえーん



子供達もさ、口大きく開けて一生懸命歌っててさ。。。







で、次に男女1人ずつ代表の子が、親へのお手紙を拝読。




これまた人様のお子さんの手紙なのに、(心ん中で)号泣えーん




で、その後は、親から子供に賞状を渡す時間。

これは事前に、親が子供にあげたい賞を考えて、その文章を先生にカカオしてくださいというちょっとめんどくさかった企画。





まあこういう賞は、オリニチブとかでもよくもらうから、貰い慣れてはいるけど、でもいざ自分が作るとなると難しいじゃない?しかも私、日本人やしニヤニヤ



ってことで、NAVER様を頼りに制作。


で、先生が賞状にしてくれたものが、これ。




「美しい絵を描いたで賞」




そして、これを親が子供に渡すと同時に、子供も親に手紙と小さい花束を渡します。



そしてお互い渡しあいっこし終わったら、抱き合って、子供は席へ戻る。



ナウニからもらった手紙↓↓↓



もらった瞬間「こんなにもギッシリ!!」

この時点ですでに涙。




そして読み進むうちに、涙で文章見えへんやんかーーえーん



あえてここでは訳しませんが、最後の一文だけ•••


「オンマは毎日毎日私に怒っても、私はオンマが好きです。アッパは私の事が好きなので、もっと 愛してます。オンマも愛してます」




だって。




あ〜•••アッパは、自分の事を愛してくれてるってのを実感できてるんだなあねー

え、じゃあ私は•••( ̄▽ ̄;)



こういうふうに書かれるくらい、色々身に覚えがあるがあるがゆえに、ちょっと心痛い。(苦笑)





そして、保護者代表の挨拶があり、園長の話モあり、最後また子供達の歌でおしまい。




その歌聞きながら、


あ〜この6年間、ほんとこの子に対して〜してしまったなあ、〜なこともしてしまったし、、、


って反省事ばっかり思い浮かぶわけ涙



だから一生懸命歌ってるわが子に、ごめんねえ、、ごめんねえ、、っていう思いばっかで、この時は別の意味でまた涙。




この子が生まれてからこんにちまで、母親としてできる精一杯は一生懸命してきたつもり。


でもやっぱり私の器の小ささと、又、この子の持つ個性との相性の違いで、ほんとに6年間よくぶつかってきました涙


中でも、この子が1歳半〜2歳半の時が私にとっては人生最高にしんどくて、思い出しただけでも泣けてくるくらい。



その為、最初の子だったから、育児書も色々読んだし、ネットでも検索しまくった。


どこか自分の子供のような子がいるんじゃないか。いるなら、その親はどういう育児をしてるのか。どういう気持ちを持って育児をしているのか。


藁をも掴む気持ちで、必死だったあの頃。




育児書に書いてある言葉がけ、対応の仕方、ホントに色々実践してみたなあ。




でも。




なかなか私達親子、お互いの心がしっくりかみ合うようなことがなく、そういう悩みが当分続き、結局育児書の内容は、参考にはなるかもだけど、決して「自分の子供のドンピシャなガイドブック」ではないことに気づきました。



人の育て方が、自分の子供に合うとは限らない。

あくまでもこの子を基準に、この子にあった子育てをするべきだ。


やっぱり自分の子は自分にしか分からないよな。

そう思うようになって、独自に育児を手探り開始。





でもいつからだったかなあ、


4歳? 5歳?


なんかちょっと育児の峠を超えたかも!っていう時がありました。







もちろん今もなお色々あるんだけど、でもナウニ自身は、心も体もほんとに大きくなりましたえーん








とにかく。





一生懸命歌ってるわが子を誇らしく思いながら、式が終わっていきました。





終わった後は、各自記念撮影〜カメラ





大好きなお友達とチュー






そして女同士の三角関係で色々あった時期もあったけど(笑)、でも最後はやっぱり3人で撮りた〜い!って言ってきて、撮影を頼まれた。笑

(ガウンの下は、全員白Tとジーパン てへぺろ)







そして大好きな担任の先生ともチュー


もうこの先生、親子共々ほんっとに大好きでした。



この先生だったから、安心して任せられたし、ナウニも楽しく通えたんだと思う。




スポーツ団とはいえ、お勉強もそれなりにするんだけど、算数もハングルも、化学も、美術も、ほとんど担任の仕事。(英語以外)


でも子供が全く勉強をいやがらず、むしろ楽しんでたからね。

上手だったんだろうなあ教え方が!





他にも色々感謝する事が私自身色々あったので、私もナウニも先生にお手紙を書いて、最後に渡しました。

ナウニが先生に書いたお手紙↓↓↓


最後の「卒業する時、歌をよく歌いますから」ってのは、どうやら卒園式の時に歌う歌を、頑張って歌います的な意味合いらしい。


相当練習したんだろうなぷぷ





そして写真たてと、アルバムを貰って、家路へ。



韓国あるあるのガウンを着ての写真ニコニコ



そしてアルバムが、妙に学生のアルバムっぽい笑





でもいい思い出です好







そして夜は家で卒園パーティ?とか思いつつも、冷蔵庫開けたら、めぼしい材料なし笑い泣き


そうだ。ソルラルくるから、食材を最低限に減らして、冷蔵庫をすっきりさせてたんだった!




なので、食事での祝いはなしにして(っていうか、そもそも料理苦手だから、パーティという名に相応しいもの作れんしキョロキョロ)



でも料理では祝えんけど、ケーキで祝うことはできる!


ってことで、ケーキを手作り。




でも、そういえば昨日の記事でも書いた、あの高級タルトがまだ頭にあって、食べたい欲が続いてたので、お祝いはケーキじゃなくて、タルトを作ることにしましたぺこ





まずタルト生地を焼いて〜




•••って焦げたやないゲロー








次にカスタードクリーム作って〜


•••なんじゃこりゃゲロー



カスタードクリーム作製中、レンジの時間長すぎて、失敗もいいとこww




一応チョコも混ぜてカスタードクリームチョコにもしたけど、そもそもの生地を失敗してるから、再生不可チーン




しょうがないので、生クリームで隠そう作戦!で、一応こんなんが出来ました。↓↓↓





昨日の写真に写ってるタルトとは大違いやけど←当たり前


でもま、ビジュアル的に子供達にはヒットしたらしく、美味しく食べてくれました好








あらためて


6年間、よく頑張りました拍手


喜怒哀楽がはっきりしすぎて、

天真爛漫なナウン。


よく泣くけど、とっても純粋な心を持ってて、実は傷つきやすくて繊細。




こんなオンマでも、いつも大好き!!!と毎日言い続けてくれるナウン。




そういう素直で純粋な部分を宝にして、これからの小学校生活も、めいいっぱい楽しんでほしいものです四つ葉
AD

コメント(4)