電子レンジの加熱により
水の分子構造は破壊される
⇒その水を与えられた植物はどうなるか?

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=312802




言われてみると確かにそのとおり。

電子レンジを使うことの意味を
問うてみる必要がある。


リンク
《以下引用》

電子レンジの加熱は水の分子を
激しく動かして食べ物を暖めます。

問題はその振動で普通の分子は
その構造を維持できないということでした。

いったん壊れた分子からは
どのような新しい分子ができるか?

我々は今までかつて
食べたことのない物質を
食べているのかもしれません?


そんなこと証明されているのかって?

それよりそれが
安全であると証明した試験がなかったことのほうが
重要ではないでしょうか?


薬は科学的に証明されているといいますが、
今アメリカで薬害で死亡する人数は年間10万人です。


ハーブやサプリで死ぬ人はほとんどいません。
(副作用がないということではありませんよ) 


(リサーチは
その依頼主の利益になるために行います。

ここに”薬が科学的に証明される”
ということの落とし穴があります。
誰が依頼してるんでしょう?

僕自身今までは加熱された食べ物に
意識がいっていましたが今回、
なんと水そのものにも問題があるらしいのです。 

友達が送ってきたメールは
ある女性の科学者の実験ドキュメントです。
英文を訳して貼り付けておきました。

ちょっと写真だけでも見てってください。



   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記は科学的に平等なプロジェクトです。

彼女は浄水器の水を2つに分け、
1つを鍋で沸騰させ、
もう1つを電子レンジで沸騰させ冷却しました。

彼女は電子レンジで沸かした水と
普通の鍋で沸かした水の間に

成長における相違見るために
2つの同一の植物に別々の水をあげました。

彼女は水の構造あるいはエネルギーが
電子レンジによって悪影響を受けるかもしれないと
思っていました。


(左は電子レンジで加熱後冷却した水、
右は鍋で過熱後冷却した水を上げていった記録です)


 《9日間の比較写真・・・引用先を参照してみてください》











http://www.execonn.com/sf/

http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_b77f_1.html



1930年代に驚異的な治癒率を誇った食事療法であるゲルソン療法は、
マックス・ゲルソン博士によって確立されたのですが!

患者の一人でもあり生涯ゲルソン療法の支持者であったノーベル平和賞受賞者、アルバート・シュバイツァー博士は、「ゲルソンの中に医学史上、もっとも傑出した1人の天才を見る」と言及!ゲルソン療法では、電子レンジの使用を一切禁止しているのです。

Ages

電子レンジはマイクロ波と呼ばれる周波数の高い電磁波を使用した加熱器です。、1秒間に24億5千万回というすごいスピードでマイクロ波によって食材に含まれる水の分子と荷電分子が動かされます。

この動きによって分子同士で激しい摩擦がおきる事によって温度が上がりますこの振動によっては分子、原子レベルで深刻な影響を受けて、自然界には存在しない構造異性 体が出来てしまうことが懸念されています?奇しくもある天才学者が・・・・

Photo_4


2度もノーベル賞を受賞している天才学者ライナス・ポーリング博士【化学賞・平和賞】は「電子レンジで調理された食品のタンパク質は、L型アミノ酸が自然界にはないD型アミノ酸に変化しており、代謝不可能となっている。それが原因となって、きわめて有害な活性酸素の発生が促進される。」

無論、電磁波(電子レンジはマイクロ波)の人体への影響はまだ正確には明らかにされてはいませんが、食材ばかりではなく、調理方法の食への影響!疑わしきことが新聞・雑誌・TVで情報としてリークされててきています

Caeshnne


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


その一例として、検証というか?
実験というか?アメリカから以下の情報を入手!

植木鉢の植物に左側には「電子レンジ水(電子レンジで沸騰させた水)」と右側には「水道水」を毎日、水やりした結果、両者にはどのような違いが出るのか、試みた写真のアップです


結果は一目瞭然、電子レンジ水を与えた植物は、
5日目あたりからだんだんと違いが?、
9日目には朽ち枯れてしまっていますね!


■書き込みをした2007年!メール配信でアメリカからの上記の情報を得たのですが!最近になってこの情報の出処が判明⇒以下のURLですが≪コレはアメリカの小学年の子が宿題のテーマを電子レンジの水がどうなるかと?実験した結果だったようです≫

Microwaved Water - See What It Does To Plants

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


≪このような情報も開示されています!≫



アメリカスタンフォード大学の医師と研究グループは、
電子レンジが免疫力に与えるダメージを与えることを発表

【是是非非はともかく】

スタンフォード大出身のジョン・A・カーナー医学博士も同じ研究チームにいたが、「科学ニュース(Science News)(1992年4月25日号)」に掲載された記事に彼の言葉が引用されている。

≪以下にその要約の抜粋を記します≫

Photo_3


「母乳の解凍では、体温(37℃)以上にあげると病原菌と戦う抗体だけでなく,リゾチームあるいはバクテリアを消化する酵素をも破壊する」

ジョン・A・カーナー・ジュニアとスタンフォード大学の彼の同僚は電子レンジで再加熱した母乳は33.5度という低い温度でもリゾチームの活動性、免疫抗体という反伝染性物質の損失がおき,潜在的病原となるバクテリアの成長を促進するという。 

これに反論するテキサス大学医学部のランドル・M・ゴールドブラムのコメントは、「電子レンジが害を与えるという絶対的な証拠はない。それはただの加熱によりる影響である」・・・・

【この反論コメントにさらに反論!】

Pic1


⇒ペンシルバニア州立大学のマドレーヌ・シグマ・グラントは、「低温状態のサンプルにおけるリゾチームと免疫抗体の低下は、電子レンジによって部分的に生じた摂氏60度以上の温度の熱を単に反映しただけかもしれない。


電子レンジによる加熱は本来的にむらがあり、カーナーの研究のように4ml以下の量 でテストした場合には正しい結果を予測できない」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Cover_nature3


「百聞は一見にしかず」⇒水がこうなるという事が理解する事が出来ました!
電子レンジ調理をした際の食べ物がどうなるか?想像してみて下さい・・・・

Photo_2


■スイスのハンス・ヘンテル博士は、スイス連邦技術研究所や大学の生化学研究所の学者達との研究グループを編成して、電子レンジが食物に与える影響について調査し「電子レンジは食物の栄養成分にダメージを与え、それを食べた人の血液にも悪い影響を与える。」と指摘した。

  【血液中の変化としてはヘモグロビンの減少、
(悪玉)LDLコレステロールの増加が起きているという】

 

2011.08.05 Friday
電子レンジ、今や一家に一台無くてはならないものになってしまってますが、便利さのみを追求して、それと引換えに健康を犠牲にしてることを皆さんは知ってて使ってますか?

もちろん電子レンジだけに限らず、
携帯電話・家電品・車・飛行機・衛星等
ほとんどの物がそうですが・・・

とりあえずその中の今回は電子レンジについて、
その危険性・リスクを簡単に紹介しておきます。

電磁波が体によくないというぐらいのことは、とくに関心持ってる人でなくても、薄々は感じてるんじゃないかと思うので、電磁波による直接の影響ということについてはここでは省略します。

(白血病や癌のリスクは本当は、
少なくともタバコなど比較にならない悪影響与える上、
精神衛生上も非常に深刻な問題を及ぼします)

まずはコチラのページに書かれてる記事から、
電子レンジとは電波の性質を利用した加熱調理器で、マグネトロンによって、2450MHz(2.45GHz)、1秒間に24億5千万回振動する電磁波、マイクロ波を発生し食材の水分子を超高速振動させて、周囲原子との摩擦によって誘導加熱させるものである。

しかし、1秒間に24億千万回という超高速振動は、自然界にはほとんど発生しないものであるため、この振動によっては分子、原子レベルで深刻な影響を受けて、自然界には存在しない構造異性体が出来てしまうことが懸念されています。

アメリカスタンフォード大学の医師と研究グループは、電子レンジが免疫力にダメージを与えること を発表し、スイスのハンス・ヘンテル博士は、スイス連邦技術研究所や大学の生化学研究所の学者達との研究グループを編成して、電子レンジが食物に与える影響について調査し「電子レンジは食物の栄養成分にダメージを与え、それを食べた人の血液にも悪い影響を与える。」と指摘した。

血液中の変化としてはヘモグロビンの減少、(悪玉)LDLコレステロールの増加が起きているという。

ノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリング博士は「電子レンジで調理された食品のタンパク質は、L型アミノ酸が自然界にはないD型アミノ酸に変化しており、代謝不可能となっている。

それが原因となって、きわめて有害な活性酸素の発生が促進される。」と警告している。

ビタミン・ミネラルの必須栄養素が、電子レンジによってダメージを受けるばかりか、有害な物質に変化してしまうという事は、かなり深刻な問題なのです。

私たちの暮らしを、便利で豊かなものにするために発明されたものが、自然界で育った豊かな栄養素を損ない、私たちの健康を脅かす代物だったのです。

たとえばコチラのサイトに、
ふつうの水と、湯冷まし水電子レンジで2分チンした水の、3種類の水を用いてグリンピースを育ててみた実験結果が書かれています。

その二日目の発芽の様子が左の写真で、
電子レンジでチンした水で育てた分はほとんど発芽していません。

「そして、後日談ですが、2日ほど冷蔵庫に入れて、それぞれを食べ比べてみると、他の2つは、いつもどおりのシャキシャキスプラウツでしたが、電子レンジ水のものは、ちょっと匂いが違い、半分くらい柔らかくなってシャキシャキ感がありませんでした」とも書かれています。

味に関しては、敏感な人なら、普段電子レンジでチンして食べた物は、鍋で温めたりした物と違ってると言われたりしてるのも、よく耳にすることです。

L型アミノ酸が、電子レンジで加熱することによって自然界には存在しないD型に変わることなどによるものかもしれません。

逆に言えば、殺菌目的に電子レンジを利用するというのが有効なことも、よく言われています。

Beyond 5 Senses 2010.5.17の記事に、ジョージフ・マーコラ博士著、為清勝彦氏翻訳の、詳しい内容が書かれており、その中から主要部分を紹介しておきます。
・・・
電子レンジの便利さの対価は、健康で払うことになる。今回は、食品と身体に及ぼす電子レンジの影響について、我々が知りえたことをまとめてみる。

土壌の嘆かわしい状況

過去一世紀に生鮮食品の質は低下してきた。

土壌の劣化、持続不可能な農業手法、穀物の過剰生産、農薬と除草剤の使用のせいである。

たとえ有機食の人でも、新鮮なものをたくさん食べているからといって、ビタミン、ミネラル、酵素、植物性栄養素を得ているとは思わない方が良いだろう。

百年あるいは50年前の1カロリーよりも今日の1カロリーから得られる栄養は少ないだろう・・・

便利さのために家族に有害物質

電子レンジは、水の分子を超高周波で共鳴させて蒸気に変え、それで食品が加熱される仕組みである。


食品を素早く加熱することができるが、

実は温度だけでなく化学構造も変化している。

後述するが、40年以上前に電子レンジが一般に流通し始めて以来、栄養価の損失以外にも様々な問題が出現している。

電子レンジを使い始めて、おそらく最初に気付くことは、ムラのある温まり方をすることだと思う。

電子レンジ調理された食べ物の「ホット・スポット」は火傷す るほど熱い。もしくは水蒸気爆発まで加熱されている。

このため、電子レンジで哺乳瓶を温めないように警告が出ている。加熱され過ぎたフォーミュラ(調合ミルク)に気付かず、赤ちゃんが火傷してしまう事故が発生しているのだ。

また、プラスチックや紙製の容器・フタから、発癌性の毒素が溶脱して食品に入り込む問題もある。

「栄 養アクション会報」の1990年1/2月号では、よく電子レンジで調理される食べ物(ピザ、チップ、ポップコーンなど)の包装から数多くの有毒化学物質が 溶け出していることが報告されている。

化学物質には、ポリエチレン・テレフタレート(PET)、ベンゼン、トルエン、キシレンなどがある。

プラスチック容 器に入れた脂肪の多い食品を電子レンジで調理すると、ダイオキシン(発がん物質とされる)などの毒素が溶出する。

汚染物質の最悪なものがBPA(ビスフェノールA)である。プラスチック製品に広範に使用されているエストロゲン様合成物質である。

実は、電子レンジ用の容器はしばしばBPAを成分にしているが、一般のプラスチック製品にも多く含まれている。

食品であれ何であれ、電子レンジで調理すると、分子が歪み変形する。その一例が、血液製剤である。

通常、輸血前には血液を温める。

今では、血液製剤を電子レンジで温めると、血液成分が損傷することが理解されているが、1991年に一人の女性が電子レンジで温めた血液の輸血で死亡し、有名な裁判になっている。

マイクロ波放射線の漏出

電子レンジ稼動中に、マイクロ波が外に漏れる可能性があると聞いたことがあるかもしれない。初期モデルにはこうした危険性があったが、最近のものは厳格に検査されている。

理論的には、覗き窓からごく微量の放射線漏出があるが、FDAによるとそのレベルは「些細なもの」であり「人体に有害とされるレベルより遥かに低い」とされている・・・

こうした検査や規制があれば、安全だと思われるだろう。だが、Powerwatch(電子レンジの放射線の議論で中心的な役割を果たしている非営利の独立系団体)によると、

「電子レンジが正常に動いているときでも、キッチン内のマイクロ波レベルは、近隣の携帯電話基地局のレベルよりもかなり高いことが多い。電子レンジが内壁につけてあるならば、マイクロ波は壁を抜けて別の部屋に行くことも忘れてはならない。」

また、現在の漏洩規制が本当に安全かどうかは正直なところ不明であり、通常使用でもマイクロ波の放出は変化する可能性があるので、少なくとも年一回は点検を薦めると述べている・・・

特に、目は、マイクロ波放射に弱いことが知られている(マイクロ波に被曝する時間が長いと白内障を引き起こす)。電子レンジ使用中は離れているようお勧めする

新しい研究では電子レンジが

心臓に影響することが確認された

2.4GHz の放射線(Wifiの無線ルータや電子レンジの周波数)の心臓への影響を調査した研究がまとまったばかりである。

トレント大学のマグダ・ハバス (Magda Havas)博士によると、電子レンジの周波数の放射線は、連邦の安全ガイドラインを遥かに下回る非熱レベルで、心臓に影響する「明確な証拠」が判明して いる。

ハバス博士は述べている。

「カナダと米国の両国の連邦ガイドライン(0.3%)を遥かに下回るレベルのマイクロ波を生成する承認済機器により、心拍数と心拍変動性に即効性の劇的な変化があることを立証した初の研究である。」

もはや懐疑論者も、普通の家庭レベルですぐに生体に影響することなどないとは言えないだろう。

この研究は、2010年の夏頃、

査読されて専門誌に掲載される予定である。

もし速い鼓動や不規則な鼓動、胸の痛みや圧迫を感じているならば、医者を訪ねてこのビデオを一緒に見てもらうとよいだろう。(リンク先のページの二番目のビデオ)

また感受性の高い人の場合、同じ周波数の放射線が、血糖の急上昇を起こすことも証明されており、ある種の糖尿病の原因かもしれない。それについては、このビデオ(一番目のビデオ)がある。

電子レンジは食物の栄養分を攻撃する

電子レンジが有機物の分子にどのような影響を及ぼすか、電子レンジで調理された物を食べることでどのような影響が人体にあるかについては、驚くほど調査が少ない・・・

これまでなされた一握りの調査では、概して、電子レンジは栄養的な価値を損なうという点では一致している。

せっかく高い値段で買った素晴らしいオーガニック野菜が、病気の原因になる「死んだ食べ物」に変身するのだ!

食品を加熱すること自体、何らかの栄養分の損失になるが、電子レンジを使えば更に問題が増えることになる。「マイクロ波効果」と言われる現象で後述する。

電子レンジと栄養に関する研究は、大半が2000年以前に実施されている。最近の放射線研究は、もっと不吉な脅威に関心が移っている。

例えば、携帯電話とコンピュータのような電磁気装置から環境への放出であり、これは過去10年に世界中で巨大な電子スモッグに急成長している。

とはいえ、栄養分への有害な影響については、いくつかの優れた科学データが蓄積されている。

* 「食品・農業科学ジャーナル」[5]の2003年11月号で発表された調査では、少しの水と一緒に電子レンジで「チン」(zap:殺すの意味あり)したブ ロッコリーは、抗酸化の特性が最高97%損なわれたという。

比較して、蒸したブロッコリーの抗酸化効果のロスは11%以下だった。フェノール成分とグルコシノラートの減少もあったが、ミネラルのレベルは不変だった。

* アスパラガスの芽の調理を調査した1999年のスカンジナビアの研究では、電子レンジでビタミンCの減少が発生している。

* ニンニクの調査では、わずか60秒の電子レンジ加熱で、アリナーゼ(抗癌作用のあるニンニクの成分)が不活性化した。

* 日本人の渡辺文雄氏〔訳註:現在は鳥取大学農学部教授〕による調査では、ほんの6分間の電子レンジ加熱で牛乳のビタミンB12の30~40%が不活性(死んだ)状態になった。[8] 

この調査は、アンドリュー・ワイル博士が、電子レンジの影響に関する彼の懸念を支持する証拠として引用している。ワイル博士は、

「電子レンジ調理による危険はありうる(略)電子レンジがタンパク質の化学的性質を有害な方向に変えるかどうかは疑う余地がある」と述べている。

* 最近のオーストラリアの調査では、伝統的な加熱と比べ、電子レンジでは「タンパク質の変性」が生じることが多いことを示している。

* 母乳を電子レンジで加熱すると、赤ちゃんを守るはずの病気と戦う成分が破壊される1992年、クアンは、電子レンジ加熱された母乳はリゾチーム活性、抗体を失い、潜在的に病原性のバクテリアの成長を促進することを明らかにしている。

クアンは、他の加熱方法と比べて電子レンジではミルクへのダメージが大きいと述べ、「高温で電子レンジを使用することは禁忌のようだ。低温で使う場合であっても安全性については疑問が残る」と結論している。

* 母乳・フォーミュラ(調合ミルク)に関する別の研究(1989年のリー氏による)では、電子レンジによってビタミン成分が奪われ、一部のアミノ酸が生物的には不活性な他の物質に転換されてしまうことを発見している。

変質したアミノ酸には、神経系や腎臓に有毒なものがある。(多くの人がこの研究を引用しているが、私はまだ原文を発見できていないので、個人的には検証できていない。)

上記の研究の多くは、あまり新しくないが、電子レンジを食べ物に使うのが良くないことを示す証拠は、確かにたくさん存在する。

電子レンジが食品を加熱する仕組み

マイクロ波は、電磁波放射の一形態である。電気エネルギーと磁気エネルギーが一緒になって空中を動く波である。

電磁波放射のスペクトルは、超高エネルギー(ガンマ線やX線など)から、超低エネルギー(ラジオなど)まで分布する・・・

あるいは調査ジャーナリストのウィリアム・トーマスが表現したように「電気的なムチ打ち症」になる。

水分子は、バラバラにされ、激しく変形する。これは外側から内側へ伝導して温まる伝統的な加熱とは異なる。マイクロ波の加熱は、水が存在する分子の範囲内で始まる・・・

さらに電子レンジ調理によって、人体にも自然にも存在しない新化合物が生成される。それは放射線分解生成物と呼ばれる。それが身体にどんな作用を及ぼすのかは不明である。

乱暴な摩擦熱(熱作用)に加え、無熱性の作用もある。これは計測が困難なので、あまり理解されていない。細胞や分子が変形・劣化する原因は、この無熱作用にあるのではないかと疑われている。

例えば、電子レンジは、遺伝子改造技術の分野で、細胞膜を弱体化させためにも利用されている。科学者は、細胞をバラバラに分解するのに電子レンジを利用しているのだ。そうして破損した細胞は、ウイルス、真菌など微生物にとっては格好の餌食になる。

マイクロ波病

身体の組織がマイクロ波に直接さらされると、同じような乱暴な変形が発生し、「マイクロ波病」になることがある。高レベルのマイクロ波放射にさらされた人は、以下のような様々な症状を経験する。

* 不眠症、寝汗、いろいろな睡眠障害

* 頭痛とめまい

* リンパ節の腫れ、免疫系の弱体化

* 認知障害

* うつ状態、いらつき

* 吐き気、食欲損失

* 視力、目の問題

* 頻尿、極端な口渇


携帯電話の電波塔など四六時中マイクロ波を放出している高周波アンテナの近くに住む人々が、こうした様々な症状に悩まされているデータは大量にある。

フ ランツ・アデルコーファー教授(電磁場の生体影響の分野で第一人者)は、「高周波の電磁場が遺伝子的に有害な作用を及ぼす可能性については現実に証拠がある。

そうして損傷したDNAが必ず癌の原因になっている。この遺伝子の損傷作用は、安全制限を遥かに満たしていないことが判明している・・・

電子レンジの不安を証明するロシアの研究

最初に電子レンジを発明したのはナチスだと考えられている・・・

一部の電子レンジを回収したロシア人は、戦後、生体影響について綿密な研究を実施した。そこで判明したことに驚き、ロシアは1976年に電子レンジを禁止した(後にペレストロイカの期間、禁止を解除)。

20年間におよぶロシアの研究(そして1942年のベルリンでのドイツの研究)は、マイクロ波調理の安全性に強い疑問を投げかける。ロシア政府は、調査結果に基づき、電子レンジや同等の周波数の電子機器(携帯電話など)が生体・環境に及ぼす危害を国際的に警告した・・・

述のPowerwatchの記事は、ロシアの研究結果をよくまとめてあり、以下に引用しておく。

* ロシアの研究者は、電子レンジで試験したほぼ全ての食品で発癌物質が形成されたのを確認した。

* 牛乳と穀物を電子レンジで処理すると、アミノ酸の一部が発癌物質に転換した。

* 加工肉食品を電子レンジで処理すると、発癌物質(d-Nitrosodienthanolamines)が生成された。

* 電子レンジで冷凍果物を解凍すると、グルコシドとガラクトシドの一部が発癌物質に変わった。

* 生、加熱済、冷凍にかかわらず、ごく短時間の曝露で、野菜の植物アルカロイドが発癌物質に変わった。

* 電子レンジにかけた植物(特に根菜)で発癌性の遊離基が形成された。

* 構造劣化による食品価値の低下が全試験対象の60~90%の食品に見られた。ビタミンB群、ビタミンCとE、必須ミネラル、リポトロピクス(脂肪の過剰蓄積を防ぐ物質)の生体的有用性が著しく損なわれている

付言すると、この発見は、ミルクのビタミンB12を調査した前述の日本の渡辺調査(1998年)でも確認されている。


スイスの臨床研究:ハンス・ヘルテル

ハ ンス・ヘルテル (Hans Hertel)というスイスの食物科学者の研究は、電子レンジの破壊的な作用を示す説得力に満ちた証拠で、よく引き合いに出されている。ヘルテル博士は、 電子レンジで調理された食品が人間の血や生理に及ぼす影響について初めて研究した学者である。

彼の小規模な研究(スイス連邦工科大学のベルナール・ブラン博士、生化学研究所と共同執筆)では、電子レンジによる食品変性作用が明らかになった。

ヘルテル博士は、電子レンジの調理によって食品の栄養が変わり、その変化が血液中で負の健康効果を発生させるという結論に達した。博士の結論によると、電子レンジ調理は次のような結果をもたらす。

* コレステロールレベルの増加

* 白血球の減少(毒物作用の可能性)

* 赤血球の減少

* 放射線分解化合物の生成

* ヘモグロビン濃度の減少(貧血を意味する)


当然ながら、博士の研究は、不利益を被る業界から猛反発を受けた。1992年にスイスの業界団体は、ヘルテル博士に口止めを命じたが、1998年になって 解除されている。

しかし、アメリカのジャーナリスト、トム・バレンタインは、1992年の春、『サーチ・フォー・ヘルス』にヘルテルの研究結果を発表し た。

ヘルテルは書いている。

そのような乱暴で破壊的な力に、少しの時間であっても耐えられるような原子、分子、細胞は存在しないこれは電子レンジを低出力で使用した場合でも言える。」

・・・・・

この後まだまだ書かれてるけど長くなり過ぎるので、
続きは元記事サイトでご覧ください。

要は、電子レンジによる加熱は単に温めるだけでなく、物質を原子・分子レベルで破壊したり構造変化させたりするということです!

いわば原子炉のようなもの・・・

そして、携帯電話の有害性と同様、企業利益のため、そういった真実を国民に対して決して伝えない。

FDAが、遺伝子組み換え品等認可の際、企業から出された報告書でも明らかに問題あることわかっていながら、故意にその事実を隠蔽して認可し、さらに海外各国にもその遺伝子組み換え品等を認めるよう強要してきたといったことも、以前書いたとおりです。


安全にミルクを温める器具を
お母さん方、考えてください。

輸血患者のために血液を電子レンジ暖めて、
死んだ血液を輸血し、
患者を殺したカナダの看護師のことを。

それでもメーカーは安全だといいます。
医師に聞いても安全だといいます。

しかし写真の植物は死んでいきました。
あなたも生き物です。

お体を大切に。

《引用以上》