ライブ御礼

テーマ:
今日はKelly'sにて浜田恵子&SoulCatsライブ、満員御礼で無事終わりました。
沢山のお運びを頂戴し心より御礼申し上げます。

このバンドでライブをやり始めて10年以上経ちました、今回のメンバーは結成当時のオリジナルメンバーで、気心知れてる中にも、程よい緊張感、刺激があり本当に楽しく音楽をすることができて皆様に感謝しております。

結成当時、音大をでてまだ間もなかった鈴木さんが今やもうJazz Liveシーンではスーパースターになり、江森さんは舞台やスタジオで引っ張りだこになり、福田さんもオンリーワンのギター弾きとして幅広く活躍されて忙しい中、ホントよく集まってくれました。

自分も、本当に有難いことに最近は作・編曲の方がバタついていて、今日あらためてBassの楽しさをタップリと味わいました。
次回は12月にクリスマスライブを予定しています、ほっこりかつ熱い内容で考えております、どうぞお楽しみに! ありがとうございました(^^♪


写真はリハの時のものです、皆真剣な表情ですが本番では爆発してました(笑)$音ネタ

Finale VS Sibelius

テーマ:
専門用語の羅列になりますがスミマセン、ただ今FinaleとSiberius両刀使いを目指して特訓中です、あ、楽譜作成ソフトのことです。

Finaleを10年近く使ってきたのですが、大人の事情で(笑)、Sibeliusも使う事になりました。
やはりSibeliusにはそう簡単には体がついて行かないのですが、音符の入力に関してはそんなに問題なくいけました。

問題は、mf 等の音楽記号やテキスト表記、コード、レイアウト等のショートカットの使い方が根本的に違うのでそこで、「エッ!」「なんでやねん!」「ボケッ!」などの独り言がでてしまいます(笑)

Finaleで一番問題だった、プレイバック時のフリーズのような症状は、いまの所Sibeliusでは問題なく、ドラムの音がイマイチですが付属のVST音源も軽快に鳴ってくれています。

今までの膨大なFinaleデータがあるので、データ変換でSibeliusでも読み込めるのですが、やはり100%完璧にはいかず、無用な手間が発生してしまいます。
なので、そこは割りきって過去のデータの再編集はFinaleでやり、これからの新作はSibeliusにしようと思います。 

これが、うまいこといけば、Finaleが毎年やってる無駄なバージョンアップの呪縛から開放されそうです。

Siri スゴイ!

テーマ:
iPhone OSを5.1にアップデート、今回は問題なくすっと出来ました。

で、話題の日本語対応Siri、早速試してみましたが‥
音声認識能力凄いです!メールする時、あの小さいキーボードを目を細めて見ながら打つよりも、喋ったら文章にしてくれるのでかなり楽です。

iPhoneとの会話風コマンド、 「○○にメール」 「○○に電話」 は使えます。 ただし住所録の○○のふりがながちゃんと入ってないとダメですね。

それと、音声入力を間違って変換した時に、「なんでやねん」 「ちゃうやん」 「あほな‥」 はさすがに反応しなかったです(笑)、もう少しボケツッコミ勉強して欲しいです。

いずれにせよ、iPhoneに向かってひとりごと言うので、やはり人前ではちょっと無理っぽいです。
もし、落としたりした時の個人情報漏洩の危険もあるそうなので、まだ完璧とは言えませんが、ジョブズ氏の狙いは確実に反映されてる感じですね!