揚羽蝶とカルマの解消とカタカムナ | 桜咲くらんど〜木花咲耶姫様のメッセージ〜

桜咲くらんど〜木花咲耶姫様のメッセージ〜

木花咲耶姫様の語りを主に活動しています。

こんにちは、桜咲くらんどですガーベラ




かなり日にちが経ってしまい溜め込んでしまった為に、盛りだくさんの題名になっていますが




815日から、カルマの解消の時と受け取っていました




そしてある方から、黒い揚羽蝶が神社でお出迎えしてくれ歓迎してくれたという連絡がありました





揚羽蝶は、歓迎という意味も場合もありますが




何か道を教えようとしたり、何かの場所を知らせようとしたりすることもあります




何を報せようとしたかは、その時に感じた自分の直感や思ったことこそが正解です




お報せも生ものですので、後で人に聞いても意味がなくなってしまいます。間違えてもいいので、その時に感じたことをやってみて下さいね!




その方も、水晶キャンペーンの水晶を埋める場所を黒い揚羽蝶に導いてもらったとのことでした




そして、そんなやりとりをしていると




神様から




黒い揚羽蝶は、カルマの解消や陰陽の結びが叶う兆し




カルマの解消する場所への誘いなど、水晶を納めることでカルマの解消になる場所ということです




水晶を持っていない方は?という疑問が出てきますが




水晶を持っていない方は、人から嫌なことや理不尽なことをされた中で




仕返しや怒り、憎しみの想いを解き放ちなさいというお報せです




嫌な想いをしてることは、カルマの解消になっています




ただ怒りや憎しみ、仕返しの想いを持ってるとカルマの解消にならないので、その想いを解き放ちなさいというお報せです




815日以降は、そのカルマの解消の時期に入ったということでした




水晶を納めれる方は、その想いがあるなら、その想いと共に、納められたらいいですね




他に




黄色い揚羽蝶

素直さ、甘えられる愛らしさ、自分らしさ、幸せの兆し




白い揚羽蝶

高い精神性であること

神聖さ、純粋さ、無垢さ、覚醒の兆し




青い揚羽蝶

意識の解き放ちから、エネルギーが循環し、元へ戻る、浄化や清まる、再生の兆し




ということでした




最後に、生まれて来た目的の一つにカルマの解消もあります




カルマの解消の為に、嫌な想いをさせられるということは、魂にとってとても喜ばしいことなのです



負の想いでも、悲しみ、寂しさは、まだ大丈夫ですが




攻撃性の怒り、憎しみ、怨み、仕返しの想いは、またカルマを生むか、カルマの解消の失敗になります




この時期、理不尽なことをされ嫌な想いを抱いても、カルマの解消と想い、感謝に変えられたら素晴らしいですね






追記です




中秋の名月の913日までが、何か一つの区切りみたいです。




神様からカタカムナ5.6.7首と共に、8.9首の追加を言われました。




8首は少し前に追加されましたが、一昨日、9首も追加されました。




中秋の名月まで



カタカムナ5.6.7.8.9首と世の中の祈りをお願いします。



カタカムナ8.9首は地球創造の生命力、生命の誕生の神様であります



今、カタカムナを唱えることは




地球創造のものとは少し違ってきており、地球誕生の時の、心、エネルギーの、再生、覚醒、蘇りを意味しています。




カタカムナは簡単に言うと、神様が使っていた文字、文明であり、宇宙の真理を書いたものと思って頂いたらと思います






第5首

ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ

 


第6首

ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ


 

第7首

マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ



8首 


ウマシタカカム アシカビヒコトコロ    チマタノ トキオカシ


9


アメノトコタチ クニトコタチ アメ クニカ ソコソギタチ カタカムナ マノトキトコロ トコタチ



以上です