桃のお守り 続き 魔がさす時期 | 桜咲くらんど〜木花咲耶姫様のメッセージ〜

桜咲くらんど〜木花咲耶姫様のメッセージ〜

木花咲耶姫様の語りを主に活動しています。

こんにちは桜咲くらんどですガーベラ




今、人が魔に取り込まれやすくなっています




自分自身もいつ〝魔〟と化してしまうか分かりません。




〝魔がさす〟ともいい、その時、人は自分自身でも信じられない行動をとったりします。




そうして世の中の悲惨な事件や事故が起きています




他人事でなく、又、犯人に怒りを向けている場合でなく




自らがそうならない為にも、桃により自分を整えることは大事なことです。




自分には犯人の姿の中の小さな姿が一つも見当たりませんか?




己を省みる心が、今はとても大事です。




以上、ご神託です






補足させて頂きますニコニコ




神様から、桃は魔から身を護る為でもありますが、自分が魔にならない為の桃とも伝えられました。




外から身を護るだけでなく、内を護る意識もして下さいということです。




自分が魔になってしまうことも充分に理解して頂きたいということです




魔になってる時、魔がさす時とは、ネガティブになっている時や、余裕がない時です。




そして、白か黒か、ピンかキリか、やるか やらないか などの




0%100%のどちらかの思考しか出来ていない時です。




そういう時は、感情が揺さぶられイライラして怒り狂い他者を攻撃します。




しかし本人は自分の正当性だけを主張し、自分を省みることは出来ません。




それが世の中の事件に繋がっているということです




自分は大丈夫と思っているほど危険信号が点灯しています




常に自分にも魔がさすと思っている人ほど自分を護れますので




この時期、充分にご神託の桃を活かし心穏やかにお過ごし下さい




画像は籠神社の桃守りです