勉強方法が分からない、やる気が出ない、勉強嫌い…  勉強が上手くいかず困っている人のための塾

やる気なんか無くても大丈夫、大事なのは「学習習慣」です。コーチングとカウンセリングの技術を基に個々の性格や気質、今の学力や能力に合わせて、勉強のやり方を教えることで、「自分で勉強できる」力を身につけることができます。


テーマ:

生徒達に学校での様子を聞くと、友達関係、部活のこと、担任や教科の先生への不満など色々と相談してきます。学校って勉強以外のことが実は大変で、そういうことをどう対応していくかで結構頭悩ませているのが現状です。

今日もある保護者の方から担任とのトラブルの相談がありました。子どもに大人らしからぬ態度、言動があったとの事です。詳しく伺うとかなりひどい内容で、それも何度か繰り返されてるようで本人の気持ちへの影響が心配です。

学校でのことは、自分で解決するのも大人になるための勉強ととらえられるものもあり、その場合は「見守ってあげる」事が大事だと思いますが、子どもだけではどうにもならない時も多々あります。自分たちが子どもの頃の学校、社会とは明らかに違います。問題が複雑化しています。(本質のとこらは同じだと思いますが…)

いざとなったら、学校に事情を聞きに行き話し合うことをした方が良いのではないでしょうか。その際生徒本人の承諾は必ず取らなければいけないでしょう。、生きてて何か物事の壁にぶち当たっても諦めずに解決していく方法があるんだよって事を実践で見せてあげる良い機会だと思います。

何か困ったことがあったらご相談下さい。一緒に考えて最善の対処ができたら良いと思います。

京王堀之内・相模原矢部/個別指導の創己ゼミホームページ
京王堀之内・相模原矢部/個別指導の創己ゼミブログ
京王堀之内・相模原矢部/個別指導の創己ゼミツイッター
京王堀之内・相模原矢部/個別指導の創己ゼミフェイスブック
京王堀之内・相模原矢部/個別指導の創己ゼミ問合せメール

 

やる気が出ない、やり方が分からない、

受験対策、学習習慣、不登校、発達障害

思春期の子どもへの親の対応方法など

子育てについてお困りのことは

全てお気軽にご相談下さい。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「うちの子すぐ寝ちゃうんです」「寝たら起きなくて」等々、眠気のお悩みの相談は多いです。授業中眠ってしまう、やることやらないで眠ってしまうなどそれが習慣化してくると問題だと思います。病気の場合もあるので気がかりではありますが、先ずは、子どもたちも1日学校に行き人間関係をこなし部活やら委員会生徒会等々、忙しい一日をこなして疲れてるんだという事を想像し理解することが大事かなと思います。

気が許せる家に帰りホッとして眠くなっちゃう、やるべき事の責任より眠気が勝っちゃうんでしょう。大人だって会社から帰ればホッとしてダラッとしたくなるのと同じだと思いますよ。自分の子どもの頃をちょっと思い出してみるとよくあったなーという感じです。(ちなみに私は、部活から帰って夕飯を食べごろっとしたら朝だったって事がよくありました(*v.v)。)

本人がだらけてるとか、やる気が感じられないとか、一方的に怒るのはあまり得策ではないと思います。確かに成績に影響してくることなのでもちろん放置はしませんが、事情を考慮しながら親子で話し合う機会を持ち寝ない工夫や方法を話し合ってみてはどうでしょうか。それも1回だけじゃなく何回でも話し合ってもいいと思います。

そんな些細な行為が、我々親の人間性を伝えるチャンスだし、子どもの今の気持ちを聞けるチャンスかなと思いますがどうでしょうか。親子関係が良好なご家庭は家族でよく話すという共通点があります。決して一方的に怒ってばかりではなくお互い話すが大事だと思います。

創己ホームページ  

塾長ブログ  

創己ツイッター

創己フェイスブック  

創己メールsoukizemi@gmail.com

 

◎やる気が出ない、やり方が分からない、

受験対策、学習習慣、発達障害、思春期の子どもへの親の対応方法など、

子育てにおいてお困りのことはお気軽にご相談ください。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


小学生の頃は、親の言うことは聞かなきゃいけないという事に疑問を持たず、また逆らえるほどの理論や術を知らなかっただけで、中高生になったら世間や親の矛盾に直面し「何か変」に気づき出します。モヤモヤだったり怒りだったり人それぞれですが、自分の頭で考え出した印でしょう。

ただの反抗期と片付けちゃうんじゃなくて、まさに成長の一環ととらえ私達大人は、その時そのことにしっかり向き合えるのか、投げかけてきた直球やカーブを受けて、投げ返せるのかという事が課されているのだと思ってます。せっかく投げてくれてるんだから真剣にうけて、上手くなくても真剣に投げ返してあげることって、凄く大事かなと思います。

この時々で我々大人は、それまで生きてきた中身を問われるわけです。正解はないし、かっこよくないかもしれないけど(かっこよくない方がいいかな…)、本気で仕事して本気で生きてるということを伝えられるチャンスでもあるわけです。どういう人になってほしいか、どう生きてってほしいと思ってるのか…ということを伝え、どう思うのかを聞いてあげる姿勢であれば良いのではないかと思うのです。

子どもたちは、我々大人を見てますよ。成長して自分が大人になっていく過程で確実に身近な親や大人の影響を受けてるものだと思います。私としては、子供らに「生きるを楽しむ」を伝えていきたいと常々思いながら、それには「今、この瞬間瞬間が大事」を実際見せつけていきたいと思ってます。

創己ホームページ  

塾長ブログ  

創己ツイッター

創己フェイスブック  

創己メールsoukizemi@gmail.com


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。