神奈川県立高校入試の入試分析セミナーにて情報収集。新入試傾向に向けての対応方法についてです。 | 八王子京王堀之内・相模原矢部個別学習塾。勉強方法が分からない、やる気が出ない、勉強嫌い…勉強が上手くいかず困っている人のための塾

八王子京王堀之内・相模原矢部個別学習塾。勉強方法が分からない、やる気が出ない、勉強嫌い…勉強が上手くいかず困っている人のための塾

初めはやる気なんか無くても大丈夫、創己ゼミで『学ぶ技術』をトレーニングして一生ものの『学習習慣』を身につけよう。コーチングとカウンセリングの技術を基に個々の性格や気質、今の学力や能力に合わせ勉強方法を教えながら「自分で勉強できる」力が身についてきます。


テーマ:

勉強のやり方を教え、自立学習できるように導いていく個別対応の創己ゼミの山口です。(八王子京王堀之内、相模原中央区矢部淵野辺の個別指導学習塾)

 

神奈川県立高校入試の入試分析セミナーにて県立高校の出題の特徴を学んできました。

 

大学入試改革に向けてか思考力を問う傾向が強いようです。

国語の読解で資料の読み取りがあり、そのまま理科の問題にもなるような問題だとか、社会の問題が知識を知っているだけではなく、背景から読み解くような問題が多くなっているなど、確実に傾向が変わってきているようです。

 

英語はリスニングや文法問題が難しく、国語などは設問自体が理解しにくい問題が増えてきています。

 

2020年度から始まる「大学入学共通テスト」数学の設問字数が大幅に増加することなども含め、知っている事を書くだけではなく、まず長文の問題自体をしっかり読めるかどうか、表、グラフ、図などからしっかり推測、考察出来るかどうかなど「読解力」「思考力」が問われてきてます。

 

とは言っても、言葉や単語、基本例文、基本の公式をしっかり身につけてそれを引き出せたり、使えたり出来るかなどが重要なポイントなのは今までとなんら変わないし、基本が出来ていなければ応用できないのは当たり前のことです。

 

対策としては、傾向の変化に慌てず、先ずは基本を徹底的に身につけることだとあらためて感じました。

 

また、自分の勉強方法があってそれを継続できる学習習慣がなければ新入試傾向にも対応できるわけありません。基礎が出来て準備が出来たら新入試傾向に対応できるトレーニング学習メニューを組みトレーニングしていけば大丈夫です。

 

先ずは、学習習慣と自分の勉強方法が身に付くように、基礎基本のトレーニング学習(勉強)をしっかりやっていきましょうね。一緒に頑張って行きましょう( ̄∇ ̄)

 

◎ やる気が出ない、やり方が分からない、受験対策、学習習慣、不登校、発達障害、思春期の子どもへの親の対応方法など子育てについてお困りのことは全てお気軽にご相談下さい。

 

八王子・相模原の個別指導学習塾 創己ゼミのホームページ

https://soukizemi.com/

八王子・相模原の個別指導学習塾 創己ゼミのホームページ2

https://www.soukijp.com/

創己ゼミのブログ

https://ameblo.jp/soukizemi/

創己ゼミのフェイスブック
https://www.facebook.com/soukizemi/

創己ゼミのツイッター

https://twitter.com/souki86432523

創己ゼミのメール

soukizemi@gmail.com

 

◎ やる気が出ない、やり方が分からない、受験対策、学習習慣、

不登校、発達障害、思春期の子どもへの親の対応方法など子育て

についてお困りのことは全てお気軽にご相談下さい。

 

東京都八王子市堀之内3-29-7ウェルハイム小泉1F-B

電話042-674-9674

携帯090-4622-6912

 

創己ゼミ 山口博久

創己ゼミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ