椎間板ヘルニア | 自然形体療法徒然記~どうしようもない痛みを解消したい方へ~ スポーツ障害、事故後遺症、難治性の症状は当院へ

自然形体療法徒然記~どうしようもない痛みを解消したい方へ~ スポーツ障害、事故後遺症、難治性の症状は当院へ

いろいろな身体の痛みに対する自然形体療法施術記です。半月板損傷、オスグッド、股関節症、頸椎症、五十肩、腰痛、膝関節痛、椎間板ヘルニア、ムチウチ、繊維筋痛症、脳脊髄液減少症、シンスプリント、肉離れ、有痛性外脛骨、捻挫、偏頭痛、他適応症多数あり

今回は 1月20日にUPした患者さんの紹介で来院した方のお話です。

60代女性

3週間前から腰が痛く お尻から足にかけて痺れもあり整形外科に行ったところ、腰椎椎間板ヘルニアとの診断をうける。

朝起きた時は、腰まわりが硬いという感じだけだが 午後になると左臀部~足にかけて痺れてくる。

イスに座った状態から立とうとすると、血管がビューっと広がるような痛みを伴う。

いても立っても居られない!

身のおきどころがない!

とのヒドイ状態だ!!

さっそく施術。

ひと通りの椎間板ヘルニアの施術を終えて、座ってから立って痛みを確認してもらう

60歳女性 『痛くないわ!! 不思議ねぇ~ ○○さんが騙されたと思って行ってみなって言われて来たけど・・・ ほんと!シビレがなくなった』

私『今、シビレは取れていても椎間板の回復には数週間かかる方もいるので何回かの施術は必要ですよ!』と説明して帰っていただいた。

もともと椎間板は100キロ以上の重みに耐えられるようにできていますが、骨盤のゆがみや背骨のねじれに睡眠不足や疲労がかさなるとつぶれやすくなります。

なので潰れたところだけ手術で取り去ってもまた再発する例はとても多いようです。

ぜひ、ご参考にしてください!