スポーツ・マネジメントとは?

宮城哲郎のプロフィール(活動実績)





(引用)
スポーツに関わる団体や企業を継続して経営したり
イベントなどを効率的に運営すること。


これらの団体やイベントを一つのシステムと捉えて
「ヒト・モノ・カネ・情報」
合理的に活用する方法を指す言葉だ。


また、スポーツ選手の競技以外の面をサポートするという
個人のマネジメントの意味も含まれる。


スポーツ大国アメリカで広まった発想で
日本ではサッカーやバレーボールの
プロリーグでの取り組みが始まっている。


スポーツの興業をビジネスと捉え「資金を集めて大会を企画し、広報宣伝して観客動員し、利潤を出して成功に導く」というプロセスを通して、継続的にビジネスを行うことをめざすということである。



これ、どこにでもあるようなスポーツマネジメントについて
書かれている事を話したのですが…


スポーツといえば「自分が楽しむ物」で、あくまでも「主体は自分自身」であると思われている中で、それらを「ビジネス」として捉えて利益を出す事を「仕組み化」しマネジメントして行く事を言うのです。


実は、ほとんどのスポーツビジネスで
マネジメントは必要ない?



ちなみに、スポーツを仕事にしたいと願う人の中には「マネジメントの勉強が必須」という誤解があるようですが。


今、現在スポーツの仕事をしている人達の中で、これらの「マネジメント」の概念が必要な人ってどれだけいるでしょうか?ほとんど、いないはずです。


これから、お話しする事はもしかしたら、スポーツビジネスを学んで来たあなたにとっては「非常識」だと思う事かもしれません。


ですが、スポーツに限らず、ビジネスという概念で物事を考えた際、マネジメントの事を学ぶ前にどうしても先に学び、実践しなくてはいけない事があるのです。


ちなみに、あなたが単に「スポーツの仕事に携わりたい」程度でしたらこの先は、読む必要はありません。


本気で、自分でスポーツというツールを使って起業・独立をしたい人だけが読む物です。


ぜひ、スポーツを仕事にしていく中で「本当に必要なスキルは何か?」を知って下さい。


スポーツマネジメントの真実


「やっぱ、スポーツを仕事にするのならマネジメントは必須ですよね?」



これは、スポーツを仕事にしたいと願う人達の定番でもある認識である。と同時に…「宮城さんスポーツマネジメントって何ですか?」という質問も多いので。



今回、ガッツリ時間もあったので「スポーツマネジメント」という言葉に対して記事を書いてみようと思って今回パソコンの前に座っています。


まぁ、諸説は色々あるでしょうが、一応「大小問わず、色々な切り口で、しかも多数」スポーツビジネスに携わった者として。


これが正解だ!とまでは言えませんが…



まぁスポーツマネジメントとは何か?という事については話が出来るのかなと思います。



ということで、早速ですが話を進めたいと思います。



スポーツマネジメントとは言葉の通り、「スポーツをマネジメントする」わけなのですが。



多くの人が活用しているスポーツマネジメントの意味としてはきっと「スポーツビジネス」というジャンルにおけるマネジメントのことなので、今回はそういった視点から、この記事を書く事をまずは了承して欲しいと思います。



なぜなら、スポーツ界でよく言われるマネジメントの中には、同じマネジメントという言葉でも。



一般的なスポーツチームを監督や指導者にあたる人達が、メンバーを統率する際にも「マネジメントする」といった言い方で使われたりするからです。



という事で、今回はあくまでもビジネス的な視点で使われる「マネジメント」という意味の話からしたいと思います。



【マネジメントとは?】



具体的には、主にビジネス上における様々な資源や資産・リスクなどを管理し、経営上の効果を最適化しようとする手法のことです。(※ざっくり言うとですよ?)



マネジメントという言葉自体は、一般に”管理”と訳されていますが、「経営管理論」なるものから生み出された様々なマネジメント理論には「管理」という意味があるのですが。他にも…。



「評価・分析・選択・改善・回避・統合・計画・調整・指揮・統制・組織化」など様々な要素を含んでおり、これら全部を合わせた感じの事をマネジメントだと考えた方が理解しやすいでしょう。



ちなみに僕は、セミナーなどでは「マネジメントとは経営全体の事」という様に話しています。



ちなみにマネジメントの目的とは…



組織(会社など)の目的を効率よくに達成するために、組織の維持・発展を図ること」であり。



マネジメントされるべき対象は「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の4つだと一般的に言われています。



要するに、組織や会社が持っている、これら4つの資源を有効に活用することで。



「経営効率を高めていこうぜ??」という事です。



次では上記の4つのマネジメントについて、それぞれ説明しますね。マネジメントオタクの方でしたら、既に知っている様な事だと思いますが、一応記載します。笑



この辺りを語れたら「頭良さそう」ですので、ぜひ覚えて下さい。笑



【ヒトのマネジメント???】


企業活動にとってヒト(人)は最も重要な経営資源であると同時に、最も複雑な要素ともいえるものです。これは、特に経営に詳しくない人でもピンと来る話でしょう。



20世紀初頭までに広まった経営管理論などでは、機械化による産業革命による影響なのか、主に「生産面を重視した理論」であったため人的資源への配慮が見られなかったと言われています。



そこで、そういった管理法への批判から、人間の持つ心理面や行動面をきちんと踏まえた上での人間関係論が生まれたことが、このヒトのマネジメントについての考え方となっているようです。



【モノのマネジメント????】


実は、マネジメントという概念で真っ先にマネジメントの対象になったのはモノ(物)と言われています。19世紀後半からの第二次産業革命により、急激に経済は成長したのですが。



当時はまだ経営側・労働側が共に十分な仕組みを持っておらず、モノの生産効率が極めて非効率的だったからです。



そこで、手作業が中心であった生産過程に「標準」という概念をもちこみ、用具の標準化・生産手順の標準化・生産時間の標準化を行い、生産量のノルマを設定したのです。



また、徹底的に生産効率を高める為に「成功報酬」という仕組みを導入されたのもこの時期と言われてます。



【カネのマネジメント???】

古来、物々交換から始まった市場経済は、金・銀などの金属やコメ・塩などの食料、つまりモノをカネとして扱うことで活性化され、中世末期には証書と金との交換を約束された金本位制により紙幣が誕生しました。※この辺は長いので抜粋ですみません。。。笑



やがてマルクスによって紙幣の機能が解明され、カネは経済にとって不可欠の存在となったのですが、その後、資本主義経済の発展と共に、カネのマネジメントも重要性を増し、株式や金融(ファイナンス)の発生にも繋がりました。


実際に、最近では「現金」という物に対する考え方も変わって来ているので、その辺りは「資本論」を現代的に解釈された本などを読むと良いでしょう。


「お金はただの紙だ」という事を語る著名人の中に、お金の本質についてわかりやすく説明している本を出している人がよくいますので、そちらを参考にすると腹落ちすると思います。
※ホリ◯モン




【情報のマネジメント???】



20世紀後半に起こったIT革命により、現代の経営現場でその重要性が急速に増してきているのが情報の価値です。



経営という観点における情報とは「企業のノウハウや特許・株価や経済ニュースから顧客情報」まで多種多様に渡りますが。



これら多くの情報を効率的に管理・分析し経営に生かすことが現在のビジネスでは重要視されているというのは、実際に経営をされている方でしたら、法人、個人問わず肌感覚で感じている事でしょうね。



また、それにともない情報の漏洩というリスクも現れ、現在の情報マネジメントにとってはセキュリティという要素も加わるのですが



それ以上に、今後は、その情報という存在の「量」が溢れて来ますので(※すでに溢れています)、情報過多な人達の為に、最適な情報を選別できる存在がビジネスを制するという事も言われています。



要するに、情報をしっかりと見極めて、必要な情報を必要な人に届けられる人が次の時代の情報戦を勝ち抜くという事です。




とまぁ、この様な感じでどこの文献にも書いてある内容を並べてお話ししていますが。マネジメントについて考えるときは更にこの後が重要です。



【マーケティングという概念の誕生】


1900年代後半には、商品やサービスを販売する為に、顧客ニーズや市場ニーズが注目されマーケティングという概念が生まれます。


さらに、先程の「ヒト、モノ、カネ、情報」の4つのリソースにマーケティングの概念を加える事で、マネジメントは更なる経営戦略論へと発展しているのです。。



市場が活性化されると多くの人が「自分もビジネスを興そう」としますよね?そうなると、必然的に競合やライバルは増えていくので市場は飽和状態になっていきます。



ですので、単にモノを作っただけでは売れなくなりますから、ビジネスの成功の鍵は販売戦略へと移行していくのです。



やがて、1970年代に入るとそれまでの常識であった「モノを作り、そして売る」というスタイルも壁にぶつかり、「顧客の求めるモノを探り、それを作る」というマーケティングの概念が確立されていきます。



「組織を動かし製品を作り顧客に届ける」というビジネスの本質を追及する為には、ヒト・モノ・カネ・情報・顧客のマネジメントに加えて、それらを全て合わせて、目標を達成するまでの戦略が必要になってきたのです。



そして、ここで言う「目標を達成する」というのは、会社でいう業績であったり、ミッションの達成だったりするのは言うまでもありません。



要するに「マネジメント」について語りたいのなら。


「自分は、なぜこのビジネスをするのか?」という部分が明確になっていないと、マネジメントできない訳ですよね?



だって、企業活動を効率化し最大限に発揮する事がマネジメントの役割ですからね。



「マネジメントをする理由」があなたや会社には必要なのです。



そうなると、余程大きな会社でない限り、マネジメントについて深く考える必要って無くないですか?



概念的な知識や感覚は置いておかなくていけないですが、少なくともこれまでの話を聞いて。



「今の自分のビジネスにはピンとこない」という人は、本当に多いと思います。



今回は、スポーツマネジメントという言葉から説明していますが、結局は同じです。



マネジメントを深く考え、取り入れる様な規模になるまでは。



そんな小難しい事を考える前に「自分達の商品やサービスをいかにして販売するのか?」



そこを追求していくしか無いのです。



そして、その先に初めて「マネジメント」という概念が効果を発揮するのです。



特にスポーツ界の人は「やたらマネジメントを学ぶ人」が多いですが。



そういうのを学んで偉そうに部下や社員に語る前に、とっとと自分達の企業活動に「お客さんを集めましょう!」というのが答えなんです。笑

※そして、これをはっきり言うと嫌がられます。笑



ですので、この記事の初めに話した「スポーツを仕事にする為にはマネジメントですよね?」という台詞は変だよ?という事になりますね。



スポーツを仕事にしたいと願うのなら、まずは、この記事を読んで頂き。



自分達の提供するサービスに「お客さんを集め、販売する」という事に集中しましょう。



そして、その事はマーケティングでありセールス活動であるのです。



経営者をやっているので,わかりますが。



僕が一番好きな社員は「お客さんをガンガン集め、会社の商品をバンバン売って来る人材です。」



もしも、それを部下に依存したら、経営者はビクビクするしかないでしょうね?



なので、あなた自身がそれになれば。



あなたは、どこに行っても、どんなスタンスで働いても。



貴重な人材になれるのです。



マネジメントを一生懸命学ぶ前に、まずはそこを極めた方が賢明だと僕は思いますよ???




来るべきステージが来たら、リアルの経営経験を基にマネジメントを学ぶのです。



では。



追伸 スポーツビジネスの成功事例集無料で差し上げます。
 ↓ ↓
スポーツ起業を実現させる為の方法を無料で学ぶ