考える介護屋さん 想庵の時間

考える介護屋さん 想庵の時間

忙しい毎日の中に、「想庵の時間」が必要なものになっていただけたら・・・。


テーマ:

今回、自分自身勉強になりました。

葬儀業界、医療・介護業界の方の少しでも参考になればと思います。

もちろん今回の私の行動が、正解だったのかはわかりません。
全く身寄りのないお二人が60代を過ぎて寄り添い、生きていこうと決め、結婚され、夫婦生活を送っておられました。

お二人はもう80代後半です。
私が今回このお二人と知り合ったのは、ご主人のオムツ交換と食事介助の依頼を受けてのこと。
奥様は重度の認知症です。
第三者が見ると、明らかに、よく二人で生活を送れてるなあという感じでした。
ご主人に施設や入院を第三者が勧めても、「こいつを一人にはしない、こいつとずっといるんだ。」と奥様への気持ちを言われていました。

そして、日に日に衰弱していかれ、食事が摂れなくなり、点滴になり、先日、二人が暮らした自宅で、還らぬ人となってしまわれました。

そばにいる奥様は、ご主人が亡くなったことをわかっておられませんでした。
マンションだったこともあり、自宅で納棺して出棺は難しい状況だったため、斎場にお連れしました。

担当ケアマネに奥様も斎場に連れて行くか尋ねたところ、考え方はもちろん人それぞれですが、

そのケアマネは、連れて行かない方がいい。

そしたらすぐにご主人を忘れてしまいますから。と言われました。

忘れさせた方が悲しみが減ると考えられたのかもしれません。
しかし、私は、その選択肢よりも、きちんとお別れをさせた方がいいと思い、葬儀に奥様を連れて行きました。

葬儀を終え、火葬場まで連れて行きましたが、火葬場では待ち時間も2時間ぐらいあるので、収骨までは体力的に無理だろうなと思い、

収骨はせずに自宅へ連れて帰りました。

帰路の途中奥様は来てよかったと言われましたので、私自身連れて来てよかったと思っていました。

しかし、落ち度があったのです。
収骨を斎場の方に頼み、位牌と遺骨は霊園にその日に預けました。
これが結果的にはダメだったのだと思います。
収骨をしなかったことで、死という現実を奥様は受け入れていなかったのです。
その日の夜から、奥様のご主人探しが始まりました。

片っ端から電話をかけ、「主人が帰って来ないけど、どこに行ったか知らないか?」

「寝ずに待ってるけど、帰って来ない」

私にも毎晩何度も「主人が帰って来ない」と電話がありました。

警察にも何度も連絡して夜中に警察を呼ぶ騒ぎにもなりました。
やはり、ご主人のことを忘れるはずもありません。

毎晩続きましたので、何とかしなければと考えました。

私としては、ご主人の死を受け入れてもらうにはどうしたらいいか考えました。

そこで、位牌と遺骨を霊園に引き取りに行き、自宅へ持って行きました。

そして奥様に、「お父さんの帰りをずっと待ってたんだよね、ずっと探してたんだよね、だからお父さん連れて帰って来たよ。

でもね、お父さんは亡くなったの、だから今日はお父さんが安心して浄土で休めるように供養するからね」と話すと、

位牌と骨箱を奥様は抱きしめ、「お父さんがやっと帰って来た、やっと会えた、お帰り」と言われました。

二人で生活を送った自宅でもう一度葬儀のお勤めをさせていただきました。
読経の後、奥様は、これからもお父さんはずっとここでそばにいてくれます。安心しました。
と穏やかな顔になられました。
今回、夫婦の絆の強さ、認知症の方の対応、介護職としての役割、葬儀を行う意味の深さ、などなどたくさん学びました。
最後に、
奥様は自宅で、位牌と遺骨を抱き寄せた時、ご主人が見えているようでした。

 


テーマ:

役場の健康福祉課が主催する集まりに先日参加させてもらった。

 

そのときせっかくなので、介護職員養成学校の設立の告知をさせていただきました。

 

すると、ある女性がこうおっしゃいました。

 

「訪問介護員って家政婦と同じでしょ?大変って聞くし、給料も安いって話じゃない?やりたくないわよね」

 

 

・・・そうですか。世間はそんなふうに思ってるんですね。

 

家政婦を一生懸命されている方にも失礼だと思いますし、介護士に誇りをもって毎日頑張っている介護士にも失礼だと思いました。

 

 

なんか悔しか。

 

 

みんながみんなそう思っているわけではないと思いますが、

悲しいです。

 

みなさんはどう思っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

葬儀業界・介護業界・保育業界の融合を目指し、葬儀業界から介護業界に進出して早いもので3年目に入りました。

当初はすべてが手探り状態でわからないことばかりでしたが、介護業界のことが少しずつわかり始め、問題点も少しずつみえてきました。

その中で、社会問題にもなっている介護職員の慢性的な不足に直面し、この問題の対策に一刻も早く動きをかけたい。

その想いから、このたび介護職員養成学校を設立することにしました。

今年の4月10日に、東福岡介護福祉学校 新宮校として開校いたします。

少しでもここから介護職員が生まれ、介護職員不足の打開策に繋がればと思っております。

また、介護職員のやりがいや魅力を伝えることができる場、介護職員の質の向上ができる場にもなればとも思っております。

これからも、皆様のご支援ご鞭撻をいただきがら、精一杯努力を重ねて参りますので、

末永く想庵をどうぞよろしくお願い申し上げます。


テーマ:

あなたに名前を呼んでほしくて、空をみています。

 

あなたの声が聞きたくて、空を感じています。

 

声をあげ泣いても、あなたに届かないことはわかっています。

 

でも、

 

唯一つながっているのは、

 

あなたまでつながっているのは、

 

この空だから、

 

私は今日も空を見上げます。

 

あなたにはどんな空がみえていますか。

 

今日も私と同じ空を見ていてほしくて

 

あなたが見ている空を今日も見たくて

 

私が、あなたを幸せにしたくて。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス