プレイルーム | 剃り街さんの鉄旅ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

剃り街さんの鉄旅ブログ

センオワを求める剃り街さんの鉄道旅
END OF THE LINE

 

今回はポケモントレインの2号車です。

 

ポケモントレインの2号車は

座席指定がなく一両がまるまるプレイルームになっています。

黄色一色、バナナのような室内です。

 

始発駅(今回は気仙沼駅)を出発し

検札が終わるとプレイルームに入室できます。

 

プレイルームにはピカチュウのぬいぐるみがたくさんあります。

 

きれいに並べてあるぬいぐるみですが

小さい子供たちが入ってくると持って遊びまわるので

プレイルームに一番乗りをしないとこのような写真は撮れません。

 

 

ゲーセンのUFOキャッチャーなみに

ピカチュウのぬいぐるみがあります。

 

 

年齢に関係なくまたがってしまいそうな

デカいピカチュウもあります。

 

 

子供向けの運転席は線路が見えるような構造になっています。ポーン

 

 

この車両はSLではないですが「火室」のようなものもあります。

子供たちがこの中にピカチュウのぬいぐるみを入れるので

一瞬、火葬場のように見えてしまいます。ゲッソリ

 

子供たち向けの車掌さんの衣装を

 

 

身につけて記念撮影もできます。

 

 

そのほか「ピカみみ」や「しっぽ」もあります。

 

さすがに剃り街さんはこれをつけての記念撮影をする勇気は持ってなかったですね。

 

 

ポケモントレインの停車駅には記念スタンプがあり

乗車記念でもらったスタンプ帳に押すことができます。 

実はこのスタンプ、盗難防止のため駅には備え付けて無く、

車内販売の社員さんが列車に持ち込み駅に着くと急いで設置し

発車前に回収し車内に持ち込むというものです。

 

剃り街さんは一ノ関駅での乗り継ぎ時間が短く

そこで押せないとことを車内販売の社員さんい伝えて

列車内で一ノ関駅のスタンプを押させてもらいました。

 

 

ポケモントレインも楽しかったですが

スタンプがコンプリートできた社員さんの温かい対応が

それをより倍増させてくれました。

 

 

この列車も

コロナが落ち着いたらまた乗りたい列車のひとつです。

 

 

ポケモントレインの想い出はつきませんが

今回はここまでです。パー