リニューアル記念コンサート | クラシックギタリスト・宮下祥子 公式ブログ

クラシックギタリスト・宮下祥子 公式ブログ

クラシックギタリスト宮下祥子(みやしたさちこ)が日々の出来事など綴る一言ブログです。

初めて錦糸町で下車しました。

にぎやかな街ですね。
すぐ隣の住吉ではよく降りますが
住吉は飲食店が少ないのに比べて
錦糸町は飲み屋さんが、てんこ盛りでした。


その、錦糸町駅前にある百貨店丸井の6階に
リニューアルした島村楽器さんが
入っていました。

店長さま、副店長さま、共に
初めてお目にかかる方でして
少々緊張気味で行きますと、


あれ?知っている人~
がいらしていました。

北海道の当別でギター製作をしていた
青木さんではありませんか。
青木さんは今は愛知にいますが
都内での私のコンサートには
ほとんどいらして下さっています。
ありがとうございます。

あら、また知っている方~

島村楽器のギター部門の指揮官みたいな方
西野さん。お世話になっております。

札幌のフェスタはもちろん、
日本中のフェスタに同行する方です。

あら、どうしてここに?というひとが
また一人。
札幌クラシック店にいました春日さん。
ご結婚で関東にいらっしゃり、
この店舗に勤務ではないのに、
私が弾くので来てくださったそうですおねがい
ありがとうございます

そして、開演間近に控え室がノックされ
間に合いました~とおっしゃるのは
島村楽器の偉~い方、ダンディー照井さん。
お久しぶりにお会いできました。

それに関東レッスン生のお二人。

コンサートによくお越し下さるお客様に
CD注文して買って下さった方、

動画コンテストにエントリーした方で
私が講評を書かせて頂いた方などなど、

よく存じている方が沢山いらして
下さいました。

皆様、ありがとうございます。

一度も弾いたことのない楽器を
2本演奏しました。

デビットデイリー
アメリカのギターで、
アンドリューヨークも使っているという
近年人気のギター。
これがとても現代的な楽器でありながら
音色に気品があり、良く鳴るのにとても上品。
良い楽器で、かなり印象的でした。


オーストラリアの
アシュレイサンダース
スモールマンタイプのギター。
これで羽衣伝説を弾いたら
ものすご~く鳴りました。

ここから先は、馴染みのある楽器です。


2001年のアルカンヘルフェルナンデス
私が所有しているものと比べて遜色ない
素晴らしいコンディションのギターでした。
やはり、アルカンヘルの音色の透明度は
摩周湖に匹敵する?最上級の楽器。
早い者勝ちですね。

イタリアのパオロコリアーニの
マヌエルラミレスモデル。
コリアーニさんの伝統を重んじる楽器は
私の好きなタイプです。
これで、コンサート後に残ったお客様のために
悲歌風幻想曲を弾いたらとても合いました。

黒澤哲郎Aventura
今まで黒澤哲郎ギターを見た中で
一番素晴らしい楽器だと思いました。
日本のギターの中で最もスペイン的な1本
といえるかもしれません。
朱色の塔を弾きました。

横尾俊佑 グラーヴェ
いつもながらの、安定の響き。
暖かくやからかな音色が特徴です。
横尾さんご自身に久しぶりに
お会いした気分でしたー。


ご成約の方もいらっしゃいました。

スタジオいっぱいにお集まりください
ました皆様、
素晴らしい楽器を弾かせて
下さった島村楽器の皆様、
ありがとうございましたウインク