さっむーい!

夕べから、これから台風ですか?ってくらいの風が。

ほぼ一日、木が大きく揺れたり、背の高い植物が斜めになったままの状態でした。

明日の朝は、0度になるそうなので、冬再び。

これだけ風が吹くと、花粉が。。。良かった、自宅待機で。

 

本日は、最近のピサの写真とともに、思う事いろいろ。

 

 

 

写真は、InstagramのComunedipisa Pisaの市役所より だれもいなーい

 

揺れる草木を見て思った。

 

今まで人に踏まれていた雑草や、

石やタイルの狭い隙間でがんばってた植物が育ってるかも、と。

 

町に人がいないから、人が落とす食べ物を啄むスズメや鳩などの鳥は、

道路にエサがないから、テリトリーを変えて、自然公園のエリアに行ったかもしれないなー。

 

一般人の全国移動制限が発令した3月9日から2週間。

生態系にも多少変化があるかもしれません。

今まで、好きなようにしていた人間が町からいなくなったもんね。

 

今までの普通がそうでなくなって、新しい価値観や、何かしら新しい方法が生まれるのかも。

わたくしは、生活や仕事に生かせるような新しいことは、まだ思いつかないけど(笑)

 

 

 

写真は、InstagramのComunedipisaより 雨降ってるの?ってくらい町中消毒してくれました

 

のっぽ(夫)、今回も営業可でした。

ただ、また変わるかもしれないから、水曜日までは確実にOKとのこと。

ということで、今後はどうなるかは、わかりません。。。      ああ、イタリアー

 

 

コロナに、抗HIVの薬が効いたとか、喘息の薬で症状が軽くなった、

富士フイルムの薬が治療薬になるとか、膵炎の治療薬が感染を防ぐとか

まだ可能性があるというだけで、臨床研究、実験のされてないものについても、

まるで、治療薬見つけた!のように書いた記事もありましたが。

 

本人も、証拠のない内容だとわかっていても、新聞社などが飛びつくので、

儲かるから、わざとやってるんだろうなぁ。

 

こういうウワサを聞いたら、わたくしは、株式市場をチェック。

そこの株が上がっていたら、可能性が高いのかな、と。

 

あー、もっと勉強しておいたら良かったなー、投資と株式のこと。

日本でちょっとやっておけばよかった。

イタリアの証券会社経由だと手数料が高いとは聞くけど、どのくらい高いとか、

実際やってみて何が違うのかわかりにくいから。

 

でも、仕事がまた始まったら、全然チェックする暇がないので、

わたくしの今の生活には向いてないかもしれないな。     

 

 

 

写真は、InstagramのComunedipisaより 毎年2月最終土曜、世界希少・難病性疾患の日のライトアップ

 

イタリアが、あっという間に感染が広がったのは、いくつもの可能性が絡み合っていて

1つ、これ!と言えないように思います。

潜伏期間の長いウイルスでという特徴のせいもありますし、

挨拶の仕方もそうでしょうし、土足文化などの生活習慣もそうでしょう。

医療制度も違うし、マスクをするのも、手を洗うのも日本より頻度が低い。

 

 

どれも正解だと思いますが、個人的には、イタリア人が話すとき、

・日本人より距離が近い

・イタリア語が、舌を強く動かして日本語より、つばが飛びやすい

そして

・イタリア人は、めっちゃしゃべる(笑)

 

これら3つが大きく影響しているのではなかろうか。。。

 

わたくし、日本語教師の終了証があり、ラテン語系の言語学も大学で学んだのですが、

日本語は、奥の方で話したり、緩く発音しても音を理解してもらえる言語だけれど、

イタリア語は、破裂音もハッキリ強く発音しないと伝わらないので、つばが飛びやすい。

 

イタリア人、すごい近くで話をするから、ついジリジリ後ずさりしちゃう。

でも、向こうもまた近づいてくる(笑)

 

言語の問題と、距離の関係が感染に関係しているんじゃないかなー。

以上、素人の意見でした。

 

 

 

写真は、InstagramのComunedipisaより 3月17日はイタリア統一記念日でした。159周年☆

 

北が厳しい状況なので、大きな声では言えないですが、わたくし、自宅待機満喫中。

こんなに家に長くいるのは、初めてのことではないだろうか。

家を整えたり、普段できない場所を掃除したり、料理したり、楽しんでいます。  

日本の知り合いに教えてもらった日本の歌を聞いてみたり。

あとは、まだ本を読んでないので、明日位には、本を読みたいなー。  在宅ワークもしてるよー

 

日本の友人や、母の友人からも心配のご連絡をもらったりしたのですが、

なんだろう、心配してない自分に気づきます。     

 

まぁ、仕事に行くほうが、わたくしは危ないから。      だから落ち着いてるのかな

 

やたら心配しても、状況は変わらないしね。

情報を集めて感染しないようにするための行動を頭に入れておくとか、

万が一のことを考えて、大事なことを家族に伝えておくとかならわかるけど。

 

わたくし、TVやネットでイヤでも目に入るので、毎日感染者数をチェックはしません。

心理学的に、

ネガティブなものに接し続けると、不安の蓄積から極端な行動を起こすことがあるそうです。

例えば、買い占め。

 

イタリアのように、政府がハッキリと「流通は確保しているから、買い占めをしないように。」と

日本政府も宣言したら、多少収まるかもしれません。

 

数値をたまーに確認するときに見るのがこのサイト↓

https://lab.gedidigital.it/gedi-visual/2020/coronavirus-i-contagi-in-italia/

 

更新頻度も高いし、近隣国の数字もあるし、数値と、画像のイメージでも理解しやすいです。

わたくしが、この間見たのは、下のほうにある年齢別性別死亡者数。

 

イタリア語を解さない方でも、カーソルを合わせるだけですぐにわかるので、

イタリアにお知り合いのいる方、状況確認にどうぞ。

 

 

 

昔バブルっていう時代があったんです。     わたくしそれが終わってから就職だったので超氷河期

もう10年ほど前になりますが、リーマンショックっていうのもありました。

 

どちらも、社会的に、えらいこっちゃ!!!でしたが、今では、忘れかけている。

 

コロナってあったよねー、

あの時って、大変だったよねーって、言える時が早く来るといいな。

 

 

 

太陽キラキラの季節までに世の中が、明るく輝き始めますように。

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつも一手間ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

    にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ


ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

インスタグラムやってます。

主にイタリアのサラリーマンランチ。レッツ・フォロー☆

 

フェイスブック・インスタグラムをされていない方もご覧いただけます。