わたくし、先日、お客様に対してミスをしてしまいました。

わたくしの不注意で。

入社してから、社内的ミスをしてしまったことは、あったものの、

対お客様に対しては、ものすごーく気を付けていたので、今まで一度もなかったのに。

くー!

何よりお客様に申し訳なかったです。      もう二度としないぞ

 

ランチの時に、社長に会ったので、

「すみません。これこれ、こんなことがあって、お客様と話して結果こうなりました。」

と説明したところ

社長も、「いいんだ。みんな、ミスすることがあるから。

というか、安心したよ。お前も、人間だったんだな。」って言われました。    おい

 

 

さて、

今朝、フィレンツェの駅で、スーツケースに日本国旗をたなびかせているカップルを見ました!

 

スーツケースにシールを貼り付けるんじゃなくて、

国際会議の時に、テーブルの前に小さい旗が置いてあったりするじゃない?

あれ。

 

ペイントで描いたから雑いけど、こんな↑風に。     旗がパタパタ~ってしてた

 

なかなかやるのぉ(笑)

中国じゃなくて、日本でっせってアピールですな。

きっと、世界各国で起こった人種差別的態度のニュースを見たんだろう。

 

感染者が2番目に多い日本、

今はいいけど、近い将来、中国人と同じような目にあわないとも限らないもんなぁ。

2月はイタリアに来るかもしれないけど、

1か月前のキャンセルはキャンセル料をとられないから、

3月以降の欧州向けのツアーもキャンセルが増えてるのだろうか。。。

 

 

こんな時期ですが、

うちのイタリア人同僚と、わたくしのアジア人の友達と中華料理を食べに行ってきました。

 

かまってちゃんで、わたくしのストレスの素の社長なんですが、こういう時、

「とす、お金持って行けよ。会社が出すから。」と言ってくれます。

こういう気前の良いところは社長の良いところ。      ありがとー☆

 

わたくしと、イタリア人同僚は、事前に中華料理店に行こうかーって言ってたんですけど

アジア人の友達は、「え?危なくないの?」って。

 

中国を支援したくて!とか、特にそういう気持ちってわけではないのですが、

そこのお店の人たちが、ずっとイタリアにいて、

中国に帰ってないのを知っていたので、問題ないだろうと思って。

 

中華料理のレストランは、お客がいないと聞いていて、

中国からのお客さんがいなければ、かえって安全かなぁ、と。

 

 

 

 

食べたいものをそれぞれ頼んだら、軽くパーティ状態に(笑)

中華、他の料理と比べると安いので、

これでも、普通のイタリアンのお店に行くより安かったよ。


お店に入ったら、いつもは、ほぼ満席なのに、ガーッラガラ!

1組食べ終わったお客さんが帰り始めているところでした。

 

おお、貸し切りだ。

 

聞いてはいたけど、ここまでガラッガラとは。

閑古鳥が鳴くとは、このことだな。

 

 

 

 

これは結構前に、お友達に初めて連れてきてもらった時の。   食べかけが見えててすみません

手前のチャーハンは、米の下にエビがいくつも埋まっていました(笑)

 

奥左の厚揚げときくらげの煮物がすっごくおいしいのー。

 

ここのお店は、

ザ・チャイナ!という、ごちゃっとした感じがなくて、

とても清潔感があり、内装もモダンだし、

メニューがすべて写真付きなので、以前はイタリア人客もすごく入っていました。

 

ああ。。。

 

お店の人に

「ねぇ、やっぱりコロナの影響?」と聞いたら、「うん。。。」と苦笑いしていました。

まあねぇ、

中国から発症したから、怖いよね。

その気持ちは、よくわかる。

 

しかし、中国人は、ある意味メンタル強いよなぁ。

もし日本が発症だったら、日本の人、中国人みたいに世界中に旅行に行くかな、と。

たぶん旅行だったら、自粛して、国外に出ない気がする。

海外でひどい目に合うかもしれないのに、ガンガン海外に行くメンタルがすごいわ。

昨年末、ウイルスのことを知ってか知らずか、それとも他人はどうでもいいのか、

今でも来ているしね。

中国の人の考えは、わからないから何とも言えないけど、我々とは違うなぁ。

 

 

 

 

これは、いつぞやの、一人で食べに来た時の。

前回、友達が食べていたカレー味のチャーハンがおいしくて(味見した)、

わたくしも☆

 

ローマで中国人が罵声を浴びせられたとヤフーニュースに載っていたそうですが、

ピサ-フィレンツェ間に関していえば、いたって普通。

電車の中も普通。

ジロジロ見てくる人もいないし、これまで通り、普通に隣にも座ってきます。

アウトブレイク(大流行)の漠然とした恐怖が、ちょっと薄れた、落ち着いたのかな。

 

わたくしが、乗る電車は朝も夜も、出勤時間のものだし、

電車の中でイタリア語で電話したりするから、

中国から来た人じゃないっていうのが、わかるからかもしれませんが。

 

ピリピリしていたり、罵声をあびせるとか、人がさーっと逃げていくということもありません。

一度だけでした、あからさまに避けられたのは。

こんな感じ

 

とはいえ、トスカーナ州で感染者が出たら、変わるかもしれません。

→ 一週間前も、こんなでした。

 

イタリアのファッションブランドで、中国に工場を持っていたり、

下請けが中国に依頼していたりするところもあるので、

大きな企業さんは、商品が3月4月、品薄になることもあるかもしれません。

 

日本も中国に工場を持っている企業が多いから、

感染の影響のほかに、

食べ物やその他の商品の輸入のことなど、経済的な影響も大きいですね。

 

 

 

 

ここ、お店の人も感じがいいし、美味しいです。

仕事の都合で、しばらく行けないと思うけれど、何とか持ちこたえてほしいな。

 

 

 

お店のお姉さんが、毎回帰るときに手を振ってくれるの(笑)

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつも一手間ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

    にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ


ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

インスタグラムやってます。

主にイタリアのサラリーマンランチ。レッツ・フォロー☆

 

フェイスブック・インスタグラムをされていない方もご覧いただけます。