この2週間忙しく、汚部屋になっていた我が家。

週末やっと掃除しました。は~、毎日ゆっくり寝た~い。

慢性疲労って、健康にも美容にも良くないんだよねぇ。    あ~宝くじ当たりた~い

早寝とタンパク質で元気になって、日々乗り切らないとねー。

タンパク質をとりたくないほど疲れてきたら、食べるより寝ないといけないけど。

 

友達がピサ近辺在住日本人が集まるということで、夜の食事会に誘ってくれたが、

その日は平日。わたくしは帰宅時間が遅いので参加できず。

みんな、主婦だったり、パートだったり、家から近い仕事場だったりだからねぇ。  うらやましい

あー、パートにしてもらおうかなー。いや、仕事の役割変えてもらおかな。

店のことはいいとしても、日本人パートさんの面接、勤務管理、とか、これ平社員のやること?ってこと多いから。

パートなら、体がすごい楽だろうなー

 

 

さて、久しぶりに行ってきました、

 

 

 

 

フィレンツェの中央市場。

 

上のブツを買いに。

 

 

 

 

これです。

近所で働く友達に、「中央市場のバゲットおいしいよ☆」と教えてもらったの。

 

パリに住む友達に、ピサに来るときにバゲット買ってきてもらったくらい

わたくし、バゲット大好き☆

 

 

 

 

本場のバゲットと比べたらクープ(パンの切込み)も気泡も違うけれど、

友人持参のフランスNo.2の本場のバゲット

 

それでも、とってもおいしかったです。

バターをたっぷりつけて食べました☆

 

 

 

 

La bulangeria

中央市場の2階にあるパン屋さんです。

 

ちょうどわたくしが行ったときに、前にアメリカ人かなー、カップルが店員さんに質問していて

質問後も、なかなか注文しなくて。

そしたら、お姉さんが、「ちょっと待ってね」って感じで目配せしてくれましたうれしい顔

で、結局、そのアメリカ人カップルは買わず。

お店の人に挨拶もせず、行っちゃいました。買わなくてもいいけど、挨拶くらいしていこうぜー。

 

ここ、店員さんの対応が良いお店でした。

今回初めて買いましたが、また食べたくなったら行こうかなー。

 

 

市場の1階(イタリア語で言う地上階)にもいってきました。

 

そしたらね、新しいお店が入っていたの。

フィレンツェの郷土品やイタリアのお土産を売るお店。

 

そこは、なんとわたくしが、「二度といくもんかー!」と思ったお店でした!びっくり

 

ブログの常連様は覚えている方もいらっしゃるのでは。

わたくしが以前、求職中、お試し労働にいったフィレンツェのお店が、

(契約してと言われたのに)違法労働で、前日の夜に「明日来い」と言われるという扱いで

すぐにお試し労働をやめたこと。

 

アンケートを作り、そのコメントでいただいた内容から、

「黒いイタリア」シリーズの初回、がっつり根深いイタリアのダークな部分をかいて

コメントをたくさんいただいたあの記事のお店だったのー!

(あれから時間もたって、会計士さんとかと話す機会も増え、色々思うところはありますが、

あの時感じたことは、そのまま残してあります。)

 

しかもね、フィレンツェガイドをしているなぎささんのお店の隣だった!

 

いやー、エノテカやチーズ、オイル、ドライトマトなどの商品を販売しているお店の隣に

似たような商品を売る自分のお店を持ってくるとは。

働いている方は日本人で、この方が悪い人ではないのですが、申し訳ないが私は絶対ここでは買わないわ。

 

 

最後に。

今年もきたね、この日が。

 

 

 

 

イタリアからできること、検索すると寄付になるというのを日本時間に合わせて今年もしました。

わたくしが見たときは3,529,488人。

きっと、もっと増えていくことでしょう。

 

7年たって、「まだまだ復興途中」という表現をするけれど、

わたくしは、「こんなに復興した自分たちをもっと褒めてあげてください。」と思います。

イタリアをご覧。

2009年4月のラクイラ地震で、壊れた家、まだ壊れたままよ。

ここだけ見ると復興しているみたいだが

ラクイラに住んでいた知り合いは、別の町に移住し、もうそこでの生活に慣れてしまって

ラクイラの被災した家をどうするか思案中。

 

去年のわたくしの記事をみると、2017年では12万人の方が避難中。

2018年の今年は、7万人。

全員が仮設住宅というわけではなくて、県外避難、県内避難も合わせた数字。

すごいよ、1年でこんなに減らしたなんて。     住民票を避難している県に移したのかもしれないが

2017年には、福島で亡くなった方の身元がすべて判明するとか、驚異的な結果もだしているし。

 

以前と同じ状況にするのはゴールのないマラソンのようだけど、

少しずつ日々の幸せが増えていくといいなと願っています。

こうして毎年報道することで、経験してない人や世代が、この事項を気にして、

彼らに意識のバトンが渡っていくといいなと思います。

イタリアでは、ラクイラのことなんて、今では全然報道されないもの。

 

被災された方は、忘れることはないと思うけど、笑う回数が増えますように。

イタリアから祈っています。

 

 

さ、今週もがんばろー☆

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつも一手間ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

    にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

本日は「イタリアでも、市民権を得たんだなぁ」

ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

インスタグラムやってます。レッツ・フォロー☆

 

フェイスブック・インスタグラムをされていない方もご覧いただけます。