あれー、なんでかわからないけど、同じ記事が、同じ時間に2つアップされているー。

2つ目のにも、いいねやコメントをいただいていますので、2つとも残しておきます。

イタリアン・マジック☆

 

 

 

 

イタリアの雨期は秋なのに、連日雨でございます。

花粉症のわたくしには、ありがたいですけどね照れ

 

今朝出勤したら、店の中と裏が泥棒が入ったかのようにぐっちゃぐちゃでした。

棚を1つつけただけなのに。

犯人はもちろん社長。

普段、営業&店全部とやっているわたくしの仕事が減るように考えていると口では言っているが

実際、社長が動くと、わたくしの仕事が増えている・・・

ちょうど午後から店に来る予定の社員が「いいよ、僕が片づけるから。」と言ってくれて

その言葉に甘え、店にかかわるところだけ整頓して、残りをそのままにしておきました。

(お客さんも来てくれて、実際やる時間もなかったし)。

で、Mが店に来て、絶句していました。そう、そのくらいひどかった。

 

とうとう(というか、とっとと)社長が犬を飼いました。友達にもらったのか支払ったのかはしりませんが。

今は子犬ですが、社長が店に犬を連れてこないようにするために、

いかに仕事の弊害になるかを同僚に話したり、メールしたりして、根回ししておきました。

社長が、店の責任者のわたくしだけが反対していると思うと、

外国人のわたくしをバカにしたような態度をとりますが、

(お前にうんざりだFed up with youと言ったり。あんまり英語が上手でない社長に言われると

「それはこっちのセリフだ。」と非常に頭に来ます。そして後で「俺は言ってない」とかいうのがまたイラつく。)

複数のイタリア人に言われると少しは聞く耳をを持つかな、と。

今月の中旬、社長との話し合いの機会があるので、ちょうどいいわ。

 

 

さて、今からご覧いただく建物に共通点がございます。

 

 

 

 

フィレンツェの駅、ミラノのメッザノッテ宮殿、

 

 

 

 

ミラノ中央駅、

 

 

 

 

ミラノのチネマ・アンテオ

 

 

 

 

ローマのフォロ・イタリコ、

 

 

 

 

ローマのバチカンに続く、コンチリアツィオーネ通り、

 

 

 

 

ローマのエウルに、ラ・サピエンツァ大学、

 

 

 

 

ローマ県の都市ポメツィアやカルボニアの建物、

 

 

 

 

南は、バーリのアクエドット宮殿。

 

 

これらの共通点は、

 

 

 

 

 

すべて、

 

 

 

 

ムッソリーニが、建てたものなんですって。

 

この↑映画撮影所チネチッタも。

 

ムッソリーニって、学校では「悪」の人というカテゴライズで習いましたが、

町の近代化に貢献した一面も持っていたのだと、今回雑誌の特集を見て知りました。

 

ちょうど、4日の日曜日に総選挙があったイタリア。

わたくし、国籍は日本ですので、投票権はございません。

 

立場が違えば、優先順位が違うので、100%善人はいないけれども、

今回の選挙、もし投票できたとしても、よっしゃ!この人だ!と思える人がいない。。。

あんたたち連立してるの勝つためでしょ?っていうのが見え見えの政党もいるし、

時代錯誤な発言で、「はぁ?」っていう人もいたし。      北米なら袋叩きにあうような発言

 

投票の仕方がわかりにくくても、説明する番組はないし(わざとだと思います)、

海外在住イタリア人の投票のためのキットが届かないとか、いろいろあるものの

イタリア人の投票率の高さがすごい。

 

73%

 

すごいな、おい。

 

普段から政治の話はするし、

だれに投票するのか、家族同士や同僚にも聞いてきたりするイタリア人。

基本的にイタリア人、政治家は信用してないけれど、政治には大きな興味を持っています。

 

理由は、「自分の国だから」というのは建前で(笑)

実際は、勝った政党によって頻繁に法律が変わり、控除ができたり、税金の支払いが多くなったりするので、そのためだと思われます。

 

 

 

イタリアの政治家の人数は、人口に比べて多すぎる。。。

ランキングが、イタリア生活と更新の大きな励みになっています
ポチポチっと、いつも一手間ありがとうございますおじぎ
↓               ↓

    にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ


ページに「いいね」をありがとうございますおじぎ 

 

インスタグラムやってます。レッツ・フォロー☆

 

フェイスブック・インスタグラムをされていない方もご覧いただけます。