栃木県佐野市戸奈良町
種徳院の山に棲む
道了小天狗のおしゃべり


今日も小天狗のおしゃべりに
お付き合い頂き
ありがとうございます♪


今回はかなりニッチな部分の
お話💕


ファーストクラスのギャレー(キッチン)担当の時の話

ミールサービスの最後は
キンキンに冷えたアイスクリーム🍨やフルーツ

当時
機内にはディッシュウォーマーはあっても
お皿を冷やすモノがなくて
ギャレー担当は
余分なドライアイスで
お皿が入っているカート毎
冷やしてました。

マニュアルには
デザートには冷えたお皿で出す、なーんて載ってませんが
やはり
フルーツやアイスクリームは
冷たいお皿で出したいのが
少し慣れた頃
やってみたいサービス💕

小天狗もそれに漏れず
デザートワゴンに
冷たいお皿を乗せてみた笑

サービスが終わり
ギャレーにワゴンが戻り
チーフパーサーから
呼びだされた(・・;)


小天狗は何か叱られる???
ドキドキしながら
チーフの元へ…

お皿を冷やすのは
よいけれど
折角冷やしてくれたなら
キャビン担当に冷やしたお皿があること伝えてね

マニュアルでは
普段は お皿は
僕たちがお客様の前に置くけれど

冷えたお皿もサービスの一つだから
僕たちはお客様に冷たいお皿を手に取ってもらうよーに お願いするから❣️
手にした瞬間 
お客様は
あ❣️お皿まで冷えてる✨
って
一瞬でわかるでしょ😃


お皿を冷やした!とゆーだけじゃ 唯の自己満足だよ
それをどうお客様に
さりげなく伝えるのかがサービスだからね✨

…と
サービスの真髄✨とゆーか
機内の限られたものを使って
どう最大限のパフォーマンスができるかまで考えて
サービスをしている
チーフパーサーに
深さを感じました…


ある日
そのチーフから

僕は三年待つよ
三年かけて
一人前のスチュワーデスに
なってね
優しく言われました


小天狗は
そのチーフの期待に応えて
チーフに認めて貰える一人前のスチュワーデスになる
その時決めました

そのチーフパーサーは
鶴丸航空のチーフの中でも
サービスがスマートで
VIPフライトによくアサインされ

下につくクルーは
かなりレベルの高いサービスを要求される
と言われたチーフでした。

小天狗のイメージは
田村正和さんを
大型にした感じの繊細なイメージのあるチーフでした

そのチーフの元で
飛べたことは
本当に貴重な経験でした


弥栄🌈