不機嫌モードの女優

テーマ:

クチコミネタ:不機嫌モードの女優さん

クチコミ番付参加中

あれはないでしょう・・・


これが、あの女優さんに対して抱いた第一感情です。


世の中にはいろんな人がいて、いろんなタイプの俳優さんや女優さん、
タレント、歌手、そしてそのほかの公人といわれる人たちがいます。

24時間愛嬌振りまいて、楽しい振りして、いい子の振りしていなきゃいけないなんて思いませんが、
やる時はきっちりやるって言うのがどの世界でもプロなんじゃないかって思います。


もちろん、人間ですし腹の立つこともあれが、落ち込むこと、悩むこともある。
反対に、嬉しいこと、楽しいこともある。

公の場面でその感情を完全に押し殺さなければいけないとは思いませんが、
あからさまに態度にするのもどうかと思います。




人にはそれぞれ性格や感じ方、考え方があるから
自分の感情を抑えて頑張れる人ばかりじゃないとは思うけど、
公人である以上はそうするべきであると思うし、
出来ないのなら勇気を持って潔く辞退することも大切だと思う。



以前、ちびまるこちゃんのまるちゃんを演じた
森迫永依ちゃんが、まるまるちびまるこちゃんのまるちゃん役に選ばれた
伊藤綺夏ちゃんに送った言葉


「まるちゃんを演じるのは、自分1人が頑張っては、まるちゃんはできないんです。
 家族の協力や、事務所の支えがあって、できるものだと思います」



永依ちゃんはしっかりしてるとはいえ10歳
10歳の子供でも、プロ意識を持ち、まわりにこんなにも感謝が出来る。


今回の件、当の本人は涙を流して反省している
本当に反省しているのか、それとも評価されているお芝居なのか
それはわからないけれど、
いろんな意味で芸能界でものすごい話題になった今回の事件


涙を流して謝罪したということですが、
謝って済むという問題ではなさそうだけど、
今の若さで反省できれば、この先大きくなれるでしょうね。


誰にでも失敗はつき物です



裏切ってしまったファンの方や、映画を楽しみにしていた方々
監督や共演者はじめスタッフの方々に
本当に許してもらえる日が来るまで
頑張って、頑張って



これを機に本当の意味でいい女優さんになってくれることを願ってやみません。