クローバーくぅさん14歳 りっくん12歳 がっくん4歳 まめちゃん5歳 むーむ3歳クローバー

 

いつもご訪問ありがとうございます≧(´▽`)≦

たまねぎによる 愛犬と愛孫 溺愛ブログです♪

犬バカ孫バカすぎてごめんなさい~(*´ェ`*)

 

デレデレ はじめましての方はこちらを見てね♪

  ・黒白豆白 自己紹介

 

★ご質問が多い関連記事のご紹介★

 ※犬や赤ちゃんについて思うこと

  ・赤ちゃんとわんこの生活

  ・犬と暮らすと言うこと

 

 ※スタンダードプードルについて

 ・スタンダードプードルについて

 ・縫いぐるみじゃないよ

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

くぅさん。

かわいいな〜照れ

 

産直で、種まで食べられるマイクロシードのスイカを発見!!

興味津々でかってみた照れ音譜

大きそうに見えるけど、こだまスカイサイズです^^

 

切ってみた。

種少ない!!!

てか写真じゃ伝わらないのが残念だけど、種、ほんとちっちゃいの!!!

ごまを三回り大きくしたくらい??

ってわかりづらい表現でごめんね〜(^^;;)

今更ながら、何かと比べるとか、サイズ測ればよかった。

もうゴミに捨てちゃったぁ〜(TT)

 

 

スイカを切っていたら、はい、やっぱりこのお方がやってきました(笑)

鼻はきくのよね〜ww

 

お味は、甘くて美味しかったです^^

こだまスイカな味でした。

普通のスイカのようなみずみずしい甘さとまた違っていて。

 

くぅさんもシャリシャリ美味しそうに食べてましたよ〜^^

 

 

 

くぅさんといえば、実は数年前から右前足にしこりがあります。

昨年ごろから急に大きくなり出して、5cm〜7cmくらいになっていました。

獣医さんに相談したところ、切除した方がいいかもしれないが、年齢も年齢だし、全身麻酔での手術はリスクが大きすぎるし、全部取りきれない場合、また再発することもあるので、とりあえず、また急激に大きくなったとか破けたとかしないのであれば、そのまま様子をみましょうとのことで、経過観察中でした。

 

ところが、ここにきて、気になるのか、痛いのか、くぅさんそのしこりを舐め始めちゃって(TT)

少し噛んだりもしたのかな?

血が出てしまって。。

画像みたくない人は以下、バババーーーって飛ばしてください。

かなり大きい腫瘍です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリカラしても、視界が悪いせいか、あちこちガッツンガッツンぶつかって歩いて、その度によろけて倒れそうになるし(TT)

エリカラを外して舐めないようにみていても、知らず知らずに舐めるし(TT)

バイ菌が入ったら大変なので、獣医さんの元へ。

 

 

 

やわらかかったしこりがものすごく硬くなっていて。。。

検査のためしこりに針を刺したら、血が結構出てきたので、その血を抜くことに。

かなりの量の濁った血が溜まっていました。

血を抜いたら、しこりの大きさも一回りくらい小さくなり、少しやわらかくなりました。

痛みも取れたようで、ビッコを引くこともなく歩けるようになりました。

 

とりあえず、抗生物質が処方され、足に可能性疾患用剤を貼り、包帯を巻いていただきました。

包帯を悪戯するかな?って心配したけれど、全く悪戯せずにいてくれてほっとしました。

 

今後について、獣医さんに相談したところ、しこりはとったほうがいいけれど、やはり全身麻酔での手術はかなりなリスクがあること。

万が一うまく行っても、シニアなので術後も心配だと言うことでした。

とるか否かは、飼い主さんがどう考えるかですねって。

 

 

若いころ27kgあったくぅさん。

今はガリガリの17kgで、体力もないです(TT)

 

手術して痛いところをとってあげたいと言う気持ちもありますが、やはり、危険を冒してまで手術はしなくてもいいと(TT)

現段階では、そこまでの痛みでもなさそうだし、自由に歩くこともできるし。

 

ただ、今後、痛くて痛くて、毎日震えるほど痛がっているというような場合は、どうしたらいいのか。。

痛み止めを・・・と思っても、痛み止めは肝臓に負担をかけるので、肝臓で生死を彷徨ったことがあるくぅさんには、またあの時のようになってしまったらと思うと怖くて正直あまり飲ませたくありません。

今回も獣医さんのご配慮で、痛み止めの薬は出ていません。

 

このまま痛みがおさまり、しこりも現状を維持していることが一番いいのですが・・・。

 

 

ハイシニアになると、治療をするにも色々なリスクが出てきて、どうするのが正しいのか答えがわからなくなってしまいます。

若かったら、すぐにでも手術をしてもらうのに・・・

 

くぅさんに長生きをして欲しくて、色々な治療を施したり、良いと言われるサプリを与えたり。

それは、私のエゴであり、本当はくぅさんに負担をかけてしまっているのではないか?

逆に辛い思いをさせているのではないか?と思ってしまいます。

 

 

今から先のことをあれこれ考えてもしょうがないので、とりあえず、その都度、くぅさんと相談しながら、くぅさんにとってどうしてあげることがいいのかよく考えていこうと思います。

 

 

きっと、どこにも正解なんてないんだと思うし。

何をしてもきっと、こーすればよかった、あーすればよかったと後悔するんだろうし。

 

まずは、冷静に今をしっかり考えるのが大事だと自分に言い聞かせ、様子をみていこうと思います。

 

 

 

くぅさんは、痛みもなく落ち着いているのでご心配なくです。

食欲もめちゃくちゃあって、ちっちの色もうんPもすごくいいし元気モリモリです^^

 

 

****************

 

 

 

 

****************

くろしろまめむぎ+たまねぎの愛用品のお部屋

*****************

 

人気ブログランキング/犬に参加しています♪

いつも応援ありがとうございます!!

ぽちっと応援よろしくお願いします♪


人気ブログランキング

 

ブログ村ランキングにも参加しています♪

こちらもポチっと応援していただけるとたまねぎ喜びます(笑)

宜しくお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

 

 

 

くろしろまめしろが本になりました

「大きなボク 小さなわたし」 

 

 

りっくんがっくんがHonda All New VEZELアンバサダー GOOD GROOVEになりました照れ音譜

 

キャンドゥとくぅりくがくのコラボグッズ

Can★Do×QOO&RIKU&GAKUグッズ

 

Instagram  twitter  YouTube