今朝は少し寝坊しましたガーン

慌てました〜〜

何しろ起きてから 炊き始めるごはん🍚
それがなきゃ お弁当🍱が完成しない


ピーマンの肉詰めがメインお弁当
ごはんは もち麦入り

間に合ってよかったです


こういう時は炊飯器が欲しくなります
タイマーをセットしてたら…ってね


ひき肉捏ねてるあいだに 
鍋だとごはん炊けます🍚
早い!!!\_(・ω・`)ココ重要!


娘は体調が悪くて 今日はお休みしました


自由が丘に向かう途中
渋谷駅を経由しました


新しく11/1グランドオープンの
商業施設ビル
これが完成したので またまた JRから東横線までのルートが変わってました…行くたびに変わってる渋谷駅…アセアセアセアセ
ちょっとだけ 移動距離が近いです


どんどん変わる街並み

すごいですね

電車の中で小さなお子さんが泣いてました
2歳くらいでしょうか?
ママさんも ちょっとキレ気味でした
大変な時期ですよね〜
私はその頃から 子どもに向かって
タイトルの通りの言葉を言ってました


ママが明日死んだらどうするの???って


死んだらって生きるも死ぬも…そんな概念さえないのに まったく 何を考えて言ってたのでしょうね〜ひどい母親だわ🤱

常にどうしたい??
どうすればいいかなぁって感じでしたね


習い事をやめたいって言われても 
反対もしませんでした
なぜやめたいのかの理由は聞きました
石の上にも三年って感覚は まったくないので。

娘は勧められて受けた知能検査で
驚きの数値が出てしまい
ロクデナシの私は すっかり舞い上がってました
近所のくもんの先生からのお誘いにホイホイのり
未就学児なのに 難しい問題をやらされ
できるまで帰してもらえない
泣きながら鉛筆握って問題やってました
いわゆる 虐待ですね
かなりの毒親だったわぁ私
今でもくもんってワードに反応しちゃうみたい

息子は幼稚園の年少から 知育系のお稽古を
幼稚園のアフターで週5やってました
年中になった時に 
僕 合わないと思う…やめたい
そう言ってきました。
センスがあると思ったのですが…
本人がやめたいなら 仕方ないなって。
それで   
年中さんが終わるまでは続けてね!
年中さんがおしまいになったら
やめてもいいよ。と言いました。

結果、年中最後の日に 息子本人が
知育担当の先生に
「ボクは今日でおしまいにします。お世話になりました。ありがとうございます。さようなら」

そのように挨拶して辞めてきました。

もちろん その夜、担当の先生から
引き止めのお電話はありましたが
本人の意思を尊重しました。
そして 私と彼の約束も守らなきゃいけないですから。。

ママが明日死んだらどうするの???


今では そう尋ねると
2人とも

なんとかなります
なんとかやります

そう笑って言ってきます


どんなに親が頑張って なにかをやらせたとしても…器がなきゃ 溢れるのです
器さえ 大きく出来るように
親じゃなく 自分で器を大きく出来るように…
溢れないようにすれば  安心です


明日は 春巻きでも作ろうかなぁ…