asaoka*room

写真・家族・こころ・ごはん。

くだらない話から、深い話まで…
多彩なジャンルで色んなことを1人語りしています。


ふらっと現れふらっと消える。
気ままに更新。

こんな自由人ASAOKAのお部屋です。

2017年10月10日
ブログタイトル変更しました。
『asaoka*room』←懐かしのタイトルへ。

2017年1月29日~
ブログリニューアルをしました。

2年ぶりに再発信。
ぼちぼちやりますよ

テーマ:
ちょっと休息モード中につき、だいぶブログ更新さぼり気味。
冬って気力も行動力も落ちるんだよなぁ。
一応、生存はしてますショボーン


現在、この土地に移住してもうすぐ丸8年。
いまだに慣れない、というか嫌だなぁと思うことがちょっとある。
私は北海道出身で、20代半ばまでずっと北海道にいた。
だから北海道独自の訛り言葉みたいなものに抵抗がない。
ただ、言葉の仕事をしていたこともあるので自分では標準語に近いものを喋っているつもりではある。
実際、東京近郊で生活していたときには指摘されたことがない。


それは『言葉のイントネーション』


今、生活している土地の人は、とにかくこだわる!って人が多い気がする。
いちいち訂正してくるのがうざい。
しかも標準語ではない、この土地の独自のイントネーションに訂正してくる。

ここは四方を山に囲まれた閉鎖的な土地であるが故に、あまり新しいものを受け入れようとしない風習があるのだと思う。
県内で進学して県内で就職して県内で結婚して、一生をこの土地で過ごす人も少なくない。

だから悪い意味で、井の中の蛙。
自分たちが話す言葉のニュアンスが正しいと思い込んでいる。

いや、それだけなら別に構わない。
郷土愛に溢れる思いは否定しない。
さっきも書いたように、人のイントネーションをわざわざ訂正しようとしてくるのが本当にうざい。
私はこの土地の生まれではないので、この土地の言葉(のニュアンス)を話す必要がない。
なのに、日本語がなってない()とか言われたり、しつこくその単語を繰り返してきたりと、本当にいい迷惑なんだよね。
わざと繰り返してくるので本気で通じていないわけではない。
あきらかに自分がおかしいなら仕方がないけれど、標準語にするとおかしいのはそっちのほうなんだけど・・・。

うちの旦那も小学4年生で他県から転校してきて、一番最初の壁がこの言葉の壁だったらしい。
かなりバカにされたり苛められたって。
我が家ではお互いのイントネーションの違いはノータッチ。
気にならないし、話が通じないわけではないので別に。

人の喋り方を訂正するって、その人の生まれ育ちを否定しているような気がするので私は好きじゃない。
いいじゃん。色んな人がいて、色んな出身地があって、色んな言葉がある。
それでいいのにね、なんで自分の色に染めようとすんの。





仕事仲間から受けた嫌がらせのお話。
ほんと久しぶりにかちんときた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「今、想うこと」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


実はケーキ以外に、唐揚げも持って行こうと下準備していたら、向こうで作ると言われてダブルでもやっとしたんだ。

うーん、勝手に作った私も悪いけどね~。
ただ、今までずっと義実家で食事会するときは我が家が食材担当で色々と買って準備していたもので、今回は買うより作ったほうがいいよね~と、仕事終わってから買い出しに寄って帰宅して、休まないうちに色々と準備していたのに。
それがみんな必要なくなっちゃって・・・もやっ。

という感じ。

今までこういうことがあると義実家と我が家で全部負担していたんだけど、義姉もさすがに自分の親のことは自分でやらねばという気になったのかしら。←精一杯のいじわる言ってます。

2(.5)世帯住宅の話をご破算にしたときから義姉とはちょっとピリピリしたムードが漂っていて、仲はあまり良くないのです(笑)
ほんっっっっとに同居しなくて良かったと思ってる。
旦那の親である義両親の面倒を見る義務はもちろんあるのだけど、義姉の面倒を見る義務は無いと思うし。
私の負担が大きくなるのはごめんだわ。

いやー私って冷たいのかも知れないけど、ほんとに自分らの生活のことは自分らでやってくれ~って思うのですわ。
義姉って家事全般、しない人なんで・・・。
色んな負担が増えるのが嫌で義両親(&義姉母子)との同居の計画を白紙にさせてもらったという経緯があるのです。
当初は義両親と我が家の2世帯住宅を建てる計画で話を進めていたら義姉たちも一緒に住みたいと言い出し・・・
3世帯が暮らせる家ってかなりの広さと設備が必要で。
そうなるとローンの負担も大きくなるのに、私と息子の居場所がとても少ないというかなりの分の悪さに。
この話はうちの息子が中学卒業までに決めよう、とりあえずこの話は一度置いておこうとなったのに、義姉はマイホームの夢を早く叶えたくなったのか・・・なんと義実家の敷地内に自分たちだけが住む家を建ててしまったんです
義両親が暮らす家のほうが老朽化で立て替えが必要なので2世帯を計画していたんだけど、義姉の家があるのでもう2世帯は敷地的に無理。
そんなこんなで同居の話はご破算になり、なぜか先延ばしにした私たち(というか義姉の怒りの矛先は私)が悪いとなり、数年はろくに口も利かない状態でした。
その間は我が家でもこの件がきっかけで離婚騒動が起こり、エライコッチャになってました(笑)
まぁ、今思えば・・・義両親もどんな娘であっても他人の嫁と暮らすよりはいいのかな、とも。
姪っ子(義両親からすると孫)も居ますしねー。

同居はもうしようとは思わないけど、たまに会って食事会をして・・・とか、そういう関係はいいと思ってます。
なんだか何の話なのかわかんなくなっちゃったので今日はここまで(笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。