9月9日 | がんは勘弁してください~シンママ高度異形成日記~

がんは勘弁してください~シンママ高度異形成日記~

子宮頚部円錐切除術の体験談。術後の病理検査の結果高度異形成(CIN3)確定しました。追加治療なしの検査3ヶ月おきで経過観察決定です!

9月9日

 

今日は少し特別な日。

 

今は亡き実父の誕生日。

 

そして娘ちゃんの出生届を役所に出した日。

 

私の父が亡くなった年に…まるで命のリレーをする様に自然妊娠は無理だろうと医師に言われ続けてきた私の元に娘ちゃんはやってきた。

 

実父は孫が出来たことを知ることなく独りで逝ってしまった。

 

「家族」の繋がりが恐ろしく希薄だった我が家…

その成れの果てのような最期だった。

 

「何故・・・」どんなに問いかけても答えは返って来ない。

 

いびつな家族だった。随分苦しんだ。

だから自分はとびきり温かい家庭を作りたかった。

 

でも実際は…私…只今×2。

一人目の旦那さんとは子なし。二人目の旦那が娘ちゃんのパパ。

 

1回目も2回目も…離婚を決めた決定的な事柄は一緒。

 

この人に私の命は預けられない。

 

そう思ったから…

 

もし、突然の事故や災害で私が自分の意思を伝えられない状況になったら…配偶者である夫がその意思決定をする第一位の親族になるらしい。

 

生かすも殺すも俺次第って状況が、万に一つもあるかもしれない。

 

理解も尊重も尊敬もし合えなかった夫×2にその意思決定をされると思うとぞっとした。

一人目に至っては、こいつの遺伝子だけは絶対に後世に残したくないと思った!

 

この人にだったら殺されたとしても悪くない…って思える人と人生を歩きたい。極論かもしれないけど…

 

もう自分が自分でどうしようもなくなった時に…同じものを見て同じ方向に手を取り合いながら歩いてきた人…最高の理解者である夫にだったら生き死にを委ねても良いかなぁって。

 

ま、そんな人…死んでも出会えないかもしれないけどね。

 

今の彼氏さんは…どうだろう…

ちょっとメンタルが弱すぎるかな…私よりもずっと繊細だぶー

強靭なメンタルもってないとこの人生の荒波は乗り越えられないと思うんだけどね。

 

まぁ…ともかく…独り身で病気かもしれないって現状に足が竦む気持ちにもなるけど…もし結果が悪かったとして…人生を委ねられないって思ってた相手と籍を入れてる状態じゃなくて良かったな…とも思う。

 

病理結果まであと1日。

 

私にとって命の記念日に…そんなことを考えていました。

 

なんかシリアスな感じに仕上がっちゃいましたねアセアセ

そんな日もあるさ!