有名人の妊娠報告に対しては、基本的に祝福できている。特に高齢での妊娠だと、治療で苦労したのだろうと感じて余計におめでたいと思えるし、自分より年上であれば希望を与えてもらえて励みになる。

私が妊活を始めてからも、矢口真里、華原朋美、柳原可奈子など妊娠を発表する有名人がたくさんいて、うれしかった。

 

ただ、ブロガーのはあちゅうの妊娠発表については、素直に喜べないどころか、めちゃめちゃ傷ついた。

もともと彼女が大学生の時に「恋の悪あが記」をウェブで連載していたころからよく読んでいて(私はさきっちょが大好きだった)、その後の彼女の就職先も知っていたから、勝手に親しみを持っていた。

1月、私が治療を始めて苦しかった頃に、彼女の妊活日記を読み、ちょうど私と同じ8月に妊活を始めたことや辛い気持ちを味わっていることを知って、こんなにつらいのは一人じゃないんだと勇気をもらえた。

それから彼女の妊活日記を読むのが楽しみになって、記事を読むたびに親近感を募らせると同時に、「お互い早く妊娠できるといいな」と一方的に願っていた。


 これまで有名人が妊活の話をすることはあっても、妊娠出産してから過去を振り返って語るものが多く、正直「上から目線」感が否めず共感できなかった。だからまだ妊娠してません、と公言して活動をシェアしてくれる彼女にはめちゃ好感が持てた。

 

そんな中での妊娠発表。妊活日記を始めてすぐに妊娠したが、それを隠して日記を連載してたらしい。

リアルタイムでの日記だとは明言してなかったから読者に嘘をついていたわけではないけど、そうであるかのように誤解されるような書き方だったので、ズタズタに傷ついた。裏切られた気持ちでいっぱいで、彼女のアップした動画を見ながら何度も号泣してしまった。

 

元あいのりクロ親子に会いに行ったという動画を見た時、「まだ妊娠できてないのに子持ちの友人に話を聞けるなんて、彼女は強い心の持ち主だな」と尊敬したのに、あの時にはもう妊娠発覚してたんかい。


お前も他の有名人と同じく振り返り系妊活記録やったんかい。


妊活や普段の話は赤裸々に公開してるから、妊娠もほぼリアルタイムで公表してくれるものだと思ってたのに、そこは安定期に入るまで隠すんかい。


「妊活女性に参考にしてもらえるように」と妊活日記を始めたくせに、万が一流産した場合にその経験を記事にできる強さがなかった、だから安定期まで隠した、ってことよね。

あるいは、考えたくないけど、あまりにも短い妊活日記だと、PVが稼げないと思って公表を引っ張ったのか。



いずれにせよ、妊活女子の共感を利用してアクセス数稼ぎをされたように感じて、複雑な気持ちになった。

 

彼女が妊娠発表した時には批判コメントも多かったらしく、彼女は「アンチ」による攻撃だと片付けているが、そうじゃない。

私みたいに、元々はアンチどころかファンだったのに今回のことで傷ついて嫌いになったって人も多いはず。


ツイッターなどで妊婦である彼女を攻撃することはもちろん慎むべきだが、「アンチ」とレッテルを貼られた側の気持ちもわからんでもない。「ファッション妊活」って揶揄されるのも理解できる。

 

とはいえ、母子ともに健康に産まれることを祈っています。